日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東北業務用流通特集2018.03.09 11671号 08面

中食拡大、外食低迷に向き合う業務用卸 値上がる人件・物流・食材

印刷
Facebook
2018.03.09 11671号 08面

 低迷する地域経済の影響は外食産業に色濃く反映してくる。震災以降、復興特需で落ち込んでいたところが生き返った感があったが、元に戻った。東北の景気回復の実感はなく、消費者の外食店を選ぶ目はより厳しくなっている。人手不足は、ユーザー、供給側にチャンスロスを発生させている。一方で中食需要がより増している。イートインコーナーを充実させるSM。CVSの弁当、惣菜のクオリティーの高さにも目を見張る。高齢化社会の食を捉え、商品、場面がさまざまな形で提案されてきている。

 業務用卸も時代変化は・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 滝口良靖社長 サトー商会 オールサトーで1000億円へ 既存得意先を深耕(2018.03.09)

     全国業務用卸の中で、屈指の業績を誇るサトー商会(滝口良靖社長)。第3四半期は売上高前年比3.1%増、経常利益5.5%増で推移、通期では495億円の売上げ見通しだ。高齢化、人口減が顕著な東北でいかに業績を伸ばしていくか、厳しい市場に変…

  • 竹田光一専務 服部コーヒーフーズ 卸部けん引し300億円必達 コスト増吸収が課題(2018.03.09)

     物流業界全体が深刻化する人手不足の影響で、至る所でチャンスロスが発生している。業務用卸も時に分かっていても、ものが運べないでいる。ましてやかつてのような手厚いユーザーフォローはわが身を削ることになりかねない。「われわれが健全であれば…

  • 中村通孝社長 中村商会 最大課題は占有率アップ 酒類強化打ち出す(2018.03.09)

     中村商会(中村通孝社長)の前期業績は売上げ、利益とも好調で、北東北のリージョナル卸として地盤を固めている。M&Aで杜陵商事を引き継ぎ、さらに既存得意先の深耕も反映した業績だ。岩手、秋田県という少子高齢化、人口減少が著しいエリアで、厳…

  • 西村さくら社長 にしむら 「4つの屋」(肉・魚・青果・酒)に本腰 地場商品で差別化(2018.03.09)

     社長就任2年目の西村さくら社長は、1年目はルーティン業務をこなし、2年目は自社の立ち位置と業務用流通業界を見ているという。にしむらは、山形県内で歴史があり、多くの得意先を持ち、優位性を保ってきたが、限られた市場で競争も激しく将来の保…