日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

食肉・食肉加工品特集2017.05.15 11524号 06面

定番品の価格競争激化 売場活性化提案に期待

印刷
Facebook
2017.05.15 11524号 06面



 16年の上期は、WHO関連の食肉加工品に対するネガティブな報道の影響が尾を引いて、主力のハム・ソーセージが厳しい戦いを強いられた。下期からは回復傾向を示したが、定番商品の価格競争が激化し、全体的な単価が下落している。16年(1~12月)の食肉加工品生産数量は、前年比1.1%増の53万8841tと前年を上回った。17年の商戦は、即食・簡便商品としての需要は底堅いが、小売各社の価格訴求が強まっていることから、販売数量増に向けた売場活性化の提案が望まれている。(廣瀬嘉一)

 11年・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • スーパーバイヤーに聞く=サミット 健康・環境品を検討(2017.05.15)

     ●価格の打ち出しも注力

     16年度実績は、食肉加工品は全体で上期1.2%増、下期1.6%増、通期1.4%増と前年を上回っている。一昨年のWHOの報道で、主力のハム・ソーセージ・ベーコンが大きく影響を受けた。WHOの影響は…

  • スーパーバイヤーに聞く=イズミヤ 売り込み単品明確に(2017.05.15)

     ●精肉売場と連動し提案

     16年度実績は、食肉加工品全体で前年比1.5%減。上期はWHO関連の食肉加工品に対するネガティブな報道の影響が残った。下期は回復傾向にあったが主力のハム、ウインナー、年末商材のブロックハムが伸び…

  • スーパーバイヤーに聞く=ライフコーポレーション(近畿圏)(2017.05.15)

     ●主力のEDLP継続 インストア加工肉導入

     16年度実績(近畿圏)は、食肉加工品全体で1.5%増、上期0.4%増、下期2.5%増と前年実績を上回った。一昨年のWHO報道から一周するも、一度下がった指数は簡単には上昇しな…

  • カナダビーフのロゴマーク カナダビーフ国際機構 カナダ建国150周年、グローバル戦略さらに(2017.05.15)

     カナダビーフ国際機構は、グローバル戦略をさらに推進する。今年はカナダ建国150周年の節目であり、大使館、業界団体を中心に式典やイベントが予定される。また、量販店向けの全国キャンペーンや外食企業とのコラボレーションなどを通して“カナダ…