日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

冷凍食品特集2015.06.29 11202号 06面

トップに聞く=ジェーシー・コムサ 大河原愛子会長 品質強化へ原点回帰

印刷
Facebook
2015.06.29 11202号 06面

大河原愛子代表取締役会長
大河原愛子代表取締役会長

 冷凍・冷蔵ピザのパイオニア、ジェーシー・コムサは今期で創業51年目を迎える。女性起業家の草分けでもある大河原愛子氏が64年に創業後、同社はピザ普及の立役者として存在感を放ち続けてきた。大河原氏に今後の展望などを聞いた。

 ●女性の進出を後押し

 前3月期業績は円安・原料高の厳しい事業環境の下、食料品事業(デルソーレ事業本部)は冷食売上高が前期比0.5%減の47億7500万円、チルドは7.5%増71億4900万円、合計で4%増119億2400万円。営業利益は値上げの遅れで4.7%・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 為替を警戒、先行き混沌 明暗分かれる市場見通し(2015.06.29)

     円安・原料高への非常に強い警戒感が冷凍食品業界を覆っている。今期、各社の想定為替レートは1ドル120円が大半で、すでに直近の為替相場はその水準を上抜けている。「この先どこまで円安が進むのか」。各社首脳は異口同音に懸念を示す。

  • 家庭用動向=出足は苦戦気味 EDLP肯定、一巡収束か(2015.06.29)

     家庭用の14年度市場規模は、前期比で1~2%縮小した。消費増税や品質事故、そして量販店売場のEDLP(毎日低価格)化が「一過性の」減速要因とされる。2~3月には円安・原料高を背景に各社が一斉値上げを実施。利益改善に一定の効果を挙げた…

  • 業務用動向=インバウンド効果で上げ潮 各業態とも需要堅調(2015.06.29)

     業務用の14年度市場規模は、前期比で1~2%拡大した。CVS・量販店がけん引役となった中食惣菜が2%増、外食1%増、給食1%減と推定される。景気の緩やかな回復傾向の中、中食・外食とも需要は堅調だったが、給食は学校向けが消費増税の影響…

  • 齋藤修社長 トップに聞く=大冷・齋藤修社長 揺るがない品質優位(2015.06.29)

     大冷は昨年12月、念願だった東証第二部へ株式上場を果たした。前期決算では厳しい事業環境の下、柱の骨なし魚事業が順調に売上げを伸ばしている。安定配当を重視する齋藤修社長に、概況と今期方針などを聞いた。

  • 常務取締役 冷凍食品ユニット長 田島正人氏 キーマンは語る=マルハニチロ・田島正人氏 アクリ事業大幅改善へ(2015.06.29)

     ●常務取締役冷凍食品ユニット長・田島正人氏

     前3月期末の冷食ユニットは、売上高が前年比4%減の1475億円、営業損失17億円。旧アクリフーズ事件の影響が大きい。昨年はアクリ復活へ向け、群馬工場を作り替えてしっかりした食…

  • 取締役常務執行役員 食品事業執行委嘱 大木伸介氏 キーマンは語る=日本水産・大木伸介氏、山橋英一郎氏 機能性表示品を投入(2015.06.29)

     ●取締役常務執行役員食品事業執行委嘱・大木伸介氏

     前3月期末の単体・家庭用調理品は、売上高が前期比2%増406億円だった。自社工場主力カテゴリーの焼きおにぎり10%増、自然解凍7%増、クリームコロッケ11%増と好調、ち…

  • 取締役専務執行役員 マーケティング本部長 日比聡氏 キーマンは語る=味の素冷凍食品・日比聡氏 海外200億円前倒し達成(2015.06.29)

     ●取締役専務執行役員マーケティング本部長・日比聡氏

     前3月期末の味の素グループ冷食事業は、売上高(米国ウィンザー社除く)が国内外とも増収で前期比8%増1118億円、営業利益(ウィンザー社取得関連一時費用除く)は51億円…

  • 執行役員 家庭用事業部長 篠原利和氏 キーマンは語る=ニチレイフーズ 篠原利和氏、福本雅志氏 伝統セオリーで革新(2015.06.29)

     ●執行役員家庭用事業部長・篠原利和氏

     家庭用調理品の前3月期売上高は市場の伸びを上回り4.6%増の597億円、利益面は円安・原料高に苦しんだ。主要カテゴリーでは大型商品の新たな提案が受け入れられた。米飯おにぎり類の「本…

  • 専務取締役 営業本部長 横山亮氏 キーマンは語る=ヤヨイサンフーズ・横山亮氏 重点カテゴリー策推進(2015.06.29)

     ●専務取締役営業本部長・横山亮氏

     前3月期末業績は売上高(出荷ベース)が前期比1.3%増の366億円。利益面は原料高、エネルギーコストや物流費の上昇、(ヤヨイ食品とニチロサンフーズとの)統合費用計上もあり大幅減益となっ…

  • 常務執行役員マーケティング&セールス本部販売事業部長 羽場淳二氏 キーマンは語る=テーブルマーク・羽場淳二氏 自社生産比率8割超(2015.06.29)

     ●常務執行役員マーケティング&セールス本部販売事業部長・羽場淳二氏

     14年4~12月期の単体冷食事業は、家庭用が消費増税や小売業の販売EDLP化の影響で微増収にとどまる中、業務用が好調で全体を押し上げて増収増益を果たし…

  • 金の炒飯 メーカー動向=日清食品冷凍 再度2桁増収目指す(2015.06.29)

     日清食品冷凍の前3月期末業績は、売上高が前期比微増、予算比では微減だった。営業利益は前期比減益。主力の個食完結型「スパ王プレミアム」「もちっと生パスタ」各シリーズが売上げ拡大。米飯・スナック類とも健闘したが、消費増税による一時的落ち…

  • アジアンテーブル ガパオ鶏肉のバジル炒め メーカー動向=キユーピー 今期、利益確保を最優先(2015.06.29)

     キユーピーの業務用冷食・チルド品などを手がけるフードサービス事業は、今期12~4月累計で売上高が前年並みで推移した。うち冷食・チルドも横ばい。利益面は前年に比べ卵価高が一服し、増益を見込む。

     販路別では、料飲店はホテル…

  • ぷるもち水餃子 メーカー動向=イートアンド 焼き・水ギョウザの配荷店舗数が拡大(2015.06.29)

     【関西】イートアンドの食料品事業の15年3月期は売上高98億5100万円(7.6%増)、セグメント利益2億2100万円(16.2%減)。昨秋実施の「大阪王将」の焼きギョウザと市場シェアトップの水ギョウザの大型改良で期末はそれぞれ12…

  • JGザ・ビーフハンバーグ メーカー動向=日東ベスト 業務用は5%増で着地(2015.06.29)

     日東ベストの前3月期の冷凍食品部門(業務用)については「畜肉フライ品」や「袋入り畜肉調理品」が増加した結果、売上高は400億5000万円(前年比5%増)となった。

     分野別の売上高は「給食」同3%増(構成比30%)、「惣…

  • 国産鶏鶏つくね串(照焼) メーカー動向=ケイエス冷凍食品 冷凍ミートボール類シェア50%へ(2015.06.29)

     【関西】ケイエス冷凍食品の14年度(1~12月)は市販用が微増、業務用が微減で、売上げ横ばいと増益で着地。今期は業務用で外食と老健業態など新規ルート開拓に注力し、市販用は「鶏つくね串」の生産ラインを増強。商品施策は(1)冷凍ミートボ…

  • ブルーベリー170g メーカー動向=ライフフーズ ブランドロゴを刷新(2015.06.29)

     冷凍野菜・果実メーカー、ライフフーズの前3月期末は売上高が前年比4%増の141億円。営業利益は円安影響と値上げの難航などに苦しんだが、微増益で着地した。

     業務用の販売比率が8割を占める中、凍菜は市販品が昨夏の野菜不作も…

  • 新ラインで生産するホットケーキ・パンケーキ 注目企業=昭和冷凍食品・山科裕道社長 ホットケーキライン新設(2015.06.29)

     昭和産業グループの粉関連業務用メーカー、昭和冷凍食品(新潟市)は4月、新潟本社工場にホットケーキ・パンケーキラインを新設した。分社化した02年以来、初の新設ラインとなる。山科裕道社長に狙いと今後の方針などを聞いた。

      …