日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

水産練り製品特集2018.03.09 11671号 07面

消費層若返りへ意欲 不透明感増す原料面

印刷
Facebook
2018.03.09 11671号 07面

 水産練り製品業界は市場規模の緩やかな縮小の中、厳しい原料事情に直面しつつも新たな提案で多様な価値を発信している。18年春夏商品でも、各社がさまざまな切り口から消費層の若返りと裾野拡大を目指す意欲が伝わる。特にSNSの活用で、売場・商品とレシピ情報のひも付けを強化し、投稿キャンペーンなどでコミュニケーションの密度を高めている。モノ・コト両面で新たな提案を積極化し、需要拡大に取り組む。

 量販店売場を主戦場とする17年の練り製品市場規模は、前年に続き2%弱縮小したとみられる。主要・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事