日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

冷凍食品特集2018.06.25 11722号 06面

成長軌道から調整 利益体質の強化急務に

印刷
Facebook
2018.06.25 11722号 06面

ほぼ定着したリーチインケースとEDLP
ほぼ定着したリーチインケースとEDLP

 冷凍食品業界は18年の折り返しを迎え、前期までの成長軌道から若干の調整局面も見え隠れしている。特に利益環境は前年下期以降はっきりと潮目が変わった。原材料・資材価格の上昇が多岐におよび、ドライバー・人手不足を背景とした物流費・人件費、原油価格の変動に伴う工場エネルギー費など、コスト増要因が取り巻いている。一部メーカーは今春から特定カテゴリーで価格改定に動いたが、他社は部分値上げにとどめている。秋以降はより鮮明な価格戦略が打ち出される可能性がある。来年の消費税率引き上げや今後の・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事