日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

缶詰・瓶詰・レトルト食品特集2018.09.14 11763号 09面

相次ぐ災害で重要性増す 国内供給量は増加へ

印刷
Facebook
2018.09.14 11763号 09面


 缶詰・瓶詰・レトルト食品は、高い保存性と簡便性、即食性を兼ね揃える市場として食品産業全般で重要な役割を担っている。今年も西日本豪雨や台風21号被害、北海道大地震と災害が相次ぐ中、停電など電力喪失で食品スーパー・CVSの日配売場は全量廃棄を余儀なくされるケースも発生。あらためて缶瓶レトルトの重要性・有用性が高まる契機ともなっている。

 特にレトルト食品は生産量も右肩上がりで推移し成長を維持、缶詰でもサバ缶が健康性から長期ブーム化している。缶瓶詰は厳しい原料環境に置かれるが、これ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 缶詰動向=オープン価格へシフトも 価格改定理解進む(2018.09.14)

     缶詰市場(丸缶・飲料除く、以下同)は今年も、相次ぐ災害や気候変動の影響を受け、水産や果実原料の供給が不安定化している。そのため価格改定や生産調整を強いられるケースが多発し、メーカーは原料調達と生産・販売のバランスに苦慮する局面が続い…

  • 瓶詰動向=ジャムは付加価値化 値上げ響く海苔佃煮(2018.09.14)

     瓶詰は17年、主力のジャム、海苔佃煮がともに減産した。両市場で成熟と消費停滞、付加価値化、原価の高値安定が明確になっている。ジャムは健康志向の価値提案が進行。海苔佃煮は価格改定が影響し、前年伸ばした反動減もあって苦戦を余儀なくされて…

  • レトルト動向=前年上回る17年生産量 カレーなど主力群伸長(2018.09.14)

     レトルト関連の17年(1~12月)は日本缶詰びん詰レトルト食品協会の国内生産数量統計によると、レトルト食品全体で内容重量は前年比2.8%増37万4597tと伸長した。内訳をみると、主力となるカレーが同2%増15万6345tと伸長した…

  • メーカー動向=マルハニチロ サバフレーク「さばそぼろ」上市(2018.09.14)

     マルハニチロの缶瓶詰事業は今期、4~7月累計売上げが前年比5%増で推移した。主力の青魚缶詰でサバ缶が同40%増、イワシ缶が2.4倍となり、不漁要因で価格改定を実施したサンマ缶の苦戦をはね返した。機能性表示食品の「いわしの蒲焼」は同3…

  • メーカー動向=極洋 畜肉缶カテゴリー強化(2018.09.14)

     極洋の缶詰事業は今期、4~7月累計売上げが前年同期並みで推移した。主力の青魚缶詰は旺盛な需要を背景にサバ缶が堅調、原料が潤沢なイワシ缶は売れ行きも好調で、数量ベースでは177%増となった。原料難のサンマ缶は価格改定が浸透したが数量は…

  • メーカー動向=ホテイフーズコーポレーション 備蓄意識で缶詰需要増(2018.09.14)

     【中部】元祖「やきとり缶詰」メーカーのホテイフーズコーポレーションは、近年の異常気象を受け、消費者の間で備蓄への関心が高まるとともに缶詰商品が最注目を浴びつつあると感じている。また、現在の市況に対しては、売上げ基盤を維持しつつも、伸…

  • メーカー動向=はごろもフーズ シーチキン60周年盛り上げる(2018.09.14)

     はごろもフーズはツナ缶の代名詞「シーチキン」に加え、「朝からフルーツ」「シャキッと!コーン」など多数の定番商品で市場を下支えしている。「シーチキン」は今秋、TVCM「シーチキン食堂」と連動した露出強化を継続するほか、新商品も多数投入…

  • メーカー動向=国分グループ本社 「缶つま」リニューアル(2018.09.14)

     国分グループ本社は、オリジナルブランドとして10年から展開しているつまみ専用缶詰「K&K缶つま」ブランドの全面刷新に取り組んでいる。「肴で、酒はうまくなる」をブランドステートメントに、シリーズ別展開だった約100品目を80品目程度に…

  • メーカー動向=明治屋 「おいしい缶詰」価値訴求で活性化(2018.09.14)

     明治屋は、“グルメ缶詰”の定番「おいしい缶詰」を展開、こだわりの商品を多数保有する。また、17年9月からどこでも本格的なおつまみを楽しめるパウチ品「おいしいおつまみパウチ」を上市、好調な出足を記録。両シリーズともに価値訴求を通じた活…

  • メーカー動向=大塚食品 次世代レトルトへ進化(2018.09.14)

     大塚食品が展開する50周年を迎えた世界初のレトルト食品「ボンカレー」ブランドは、時代のニーズに合わせた進化を遂げてきた。“これからの50周年”を目指し「常温で保存料を使用しないのに、長期保存が可能」というレトルト食品の画期的な技術や…

  • メーカー動向=日本水産 サバ缶さらなる拡大へ(2018.09.14)

     日本水産の缶瓶詰・レトルト食品事業は今期4~7月累計売上げが予算並みで推移した。これらが大半を占める常温食品部門は今期、原料不足や値上げによる販売数量減を織り込み減収予算としている。缶詰の販売は数量ベースで前年並みを維持。サバ缶がカ…

  • メーカー動向=丸美屋食品工業 「サラダチキン」好発進(2018.09.14)

     丸美屋食品工業は今期、トップブランドの「麻婆豆腐の素」売上げを伸ばし、6期連続で増収している。「贅を味わう」などのアッパー商材は前年比2桁増で推移し、成長スピードを加速。新商品はドライタイプの「サラダチキン」が好発進し、提案の幅を広…

  • メーカー動向=エスビー食品 複数パック、主力品好調(2018.09.14)

     エスビー食品の17年度のレトルトカレーは複数パックの「ホテルシェフ仕様特製ビーフカレー」の好調や既存の「カレー曜日」や「噂の名店」が順調に数字を伸ばしたことで、前年比4.2%増99億3000万円となった。商品別にみると「ホテルシェフ…

  • メーカー動向=丸善食品工業 レトルト米飯、今期も新フレーバー(2018.09.14)

     NB「テーブルランド」(TBL)で米飯周りのアイテムを展開する、丸善食品工業。「ご飯のお供」の定番瓶詰、なめ茸はカテゴリーでトップシェアを誇るが、市場は縮小傾向で成長に陰りが見えている。一方、かゆや雑炊のレトルト米飯シリーズは好調が…

  • メーカー動向=ハウス食品 「プロクオリティ」伸長(2018.09.14)

     ハウス食品の17年度のレトルトカレーは前年比10.4%増153億円と大きく伸長した。複数パックの「プロクオリティ」シリーズが同80.4%増と大幅に拡大した。この要因としては豚カツなど惣菜との相性の良さや、調理ソースとしての需要を捉え…

  • メーカー動向=永谷園 「くらしの和漢」パッケージ一新(2018.09.14)

     永谷園はレトルト商材として主に「広東風かに玉」を展開し、安定成長を果たしている。本来の高い商品力を消費者へ浸透。同じメニュー用調味料「麻婆春雨」は主菜提案を深め、ユーザーを拡大。おかゆは漢方を切口にした健康食品「くらしの和漢」をリニ…

  • 牛肉とザーサイの炒め物 メーカー動向=桃屋 「かんたんレシピ」PR奏功し好実績(2018.09.14)

     桃屋は品質主義の商品力を強みにした「かんたんレシピ」をTVCMなどで訴え、中華類の増収といった好実績につなげている。CMは通年でスポット投下し、季節の注力レシピはホームページ、動画サイト、公式インスタグラムでも配信。売場POPでも掲…