日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

九州地区新春特集2017.01.04 11463号 01面

九州沖縄地区 人口減少、世帯数は増加 どう戦略を練る食品業界

印刷
Facebook
2017.01.04 11463号 01面

福岡市博多区の大博通り(写真提供=福岡市)
福岡市博多区の大博通り(写真提供=福岡市)

沖縄首里城「守禮の邦」(写真提供=一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)
沖縄首里城「守禮の邦」(写真提供=一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー)

 国勢調査は人口や国民の就業実態などを把握するために5年に1度調査を実施している。日本に3ヵ月以上住む外国人も含み、日本全体の在住者が対象で、精度の高い結果が得られるとしている。

 調査の翌年2月に速報値、6月に抽出調査、10月に確定値が公表され、今回は昨年10月26日に総務省から発表された。調査は5年前にさかのぼる2010(平成22)年との比較が基本となる。

 それによると2015(平成27)年全国人口は1億2711万人で、5年前と比べて95万人減少した。九州地区では2015年・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 九州流通業界展望 多様な小売業態が混在 食品核に競争市場構成(2017.01.04)

     九州流通業界はわが国の流通業界の縮図だといわれている。つまり、多様な業態が混在し、競争が繰り広げられている様を表している。食品スーパー(SM)から発した流通業はやがて郊外地区に大型店を展開し、総合スーパー(GMS)業態を開花させたが…

  • 九州流通業界展望=小売 生き残りへの施策模索(2017.01.04)

     ●全般的に回復傾向 DSやDgS展開に落ち着き マルキョウが「リテールパートナーズ」に参加

     九州地区の小売業では昨年から全般的に回復傾向が続いた。これは消費増税による影響が一巡し、消費意欲も戻りつつあるという事情が絡ん…

  • 九州流通業界展望=卸売 東日本への進出意欲旺盛(2017.01.04)

     ●低温食品分野を強化 小回りの利く体制整備

     九州卸売業界は激化する小売業界間競争に影響され、大きく明暗を分けている。急成長したDgSやDSは在来のSMを軒並み侵食し、大きなシェアを獲得した。

     これらは九州…

  • 九州流通業界展望=商品動向 熊本地震で消費性向変わる(2017.01.04)

     ●“家庭内在庫”増える 猛暑日続き夏物商材活況

     16年の商品動向は4月に発生した未曾有の熊本地震による影響で、各社の売上げは変則的な動きを示した。年初からは1月の大雪から2月は寒波が襲来し、冬物商材はやっと動き始めた。…

  • 2017新春の抱負=エフコープ生活協同組合・菊谷宗徳代表理事理事長(2017.01.04)

     ●「よりよい地域づくり」の実現 生協視点から地域視点へ未来発展へ導く組織の役割果たす

     2016(平成28)年を振り返ると、熊本・大分での地震や大型台風などの自然災害、社会問題では、貧困・格差化や高齢社会、子育てに関する…

  • 2017新春の抱負=ヤマエ久野・網田日出人社長(2017.01.04)

     ●新中期経営計画を策定 “グッドカンパニー”追求 「ビッグな企業に成長」がテーマ

     ヤマエ久野は九州で生まれ育ち九州・沖縄に根差した現物問屋として地域密着の一段の深耕を図ってきました。これと並行し、中国・関西・関東地区を…

  • 2017新春の抱負=竹之下・宇野圭郎社長(2017.01.04)

     ●「食のフルライン流通」推進 「部門経営」できる組織に 次の世代を担う若手人材育てる

     昨年は4月、隣県熊本の大地震や北海道の台風による水害、いまだに収束しない東北の地震と自然災害の絶えない1年でした。被害を受けた皆さま…