日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

九州地区新春特集2019.01.07 11816号 06面

2019新春の抱負=丸永製菓・永渕信孝専務

印刷
Facebook
2019.01.07 11816号 06面


 ●価値観あるアイス提供 厳しい経済環境を克服へ

 謹んで新年お慶び申し上げます。旧年は、皆さまには格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、米国の保護主義の影響は世界経済を混乱に陥れております。一刻も早い軌道修正がほしいものです。

 昨年はかつて経験がない未曾有の台風が24個も日本列島を襲来、豪雨被害、北海道胆振東部地震、7~8月は記録的高温の発生など、自然災害が多発した1年でありました。あらためてお見舞い申し上げますとともに、ご回復を祈念いたします。私どもを取り巻く環境・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 雪を被る久住連山 九州の魅力に大きな期待 人口減少で都市集中化進む(2019.01.07)

     ●大型商業施設も昨冬開業

     豊かな自然を残す九州は、面積4万2231kmで全国の11.2%、人口は1307万人で、日本の人口の10.2%を占める。

     その地理的特性から中国をはじめとしたアジア文化が流入し、食…

  • 九州流通業界展望=激化する価格競争 生き残りへ独自施策(2019.01.07)

     九州地区は価格競争が激しく、販促費も全国一といわれる。効率化を極限までに追求したドラッグストア(DgS)、ディスカウントストア(DS)などが続々と九州で創業され、これらのビジネスモデルは九州外でも通用し、関西、関東へと東進、知名度は…

  • 九州流通業界展望=小売業界 人手不足が深刻な状況に(2019.01.07)

     ●人口減が経営に影 寡占化の波押し寄せる

     昨年の九州小売業界は地域小売業への買収が目立った。全体的な人口減少に加え、地域によっては過疎化が進み、それまで地域に根差した小売業が毎年、ジリ貧をたどりながら、遂には売却を余儀…

  • 九州流通業界展望=卸売業界 地域卸、扱い商品の拡大進む(2019.01.07)

     ●低温食品分野を強化 得意先選別機運高まる

     九州卸売業界は激化する小売業界間競争の対応に追われ、業績の明暗は大きく変化の波にさらされている。特に九州では急成長したDgSやDSとの取組み次第で売上げは自然に上昇機運となる…

  • 九州流通業界展望=商品動向 暖冬で冬物商材不振(2019.01.07)

     ●夏物商材は猛暑で活性化

     一昨年、昨年同様に暖冬による冬物商材の不振が続く。ただ、一昨年は野菜の高騰で鍋物商材に大きく影響を与えたが、昨年は野菜高騰は免れた。

     昨年前半は甘酒ブームの余波が残り、商品動向は…

  • 2019新春の抱負=エフコープ生活協同組合・篠田陽二代表理事理事長(2019.01.07)

     ●地域に根差した組合に 「ともに生き、ともにつくる、くらしと地域」基本理念を実現

     明けましておめでとうございます。日ごろよりエフコープの事業と活動にご支援いただき、厚く御礼申し上げます。

     昨年は、一昨年に…

  • 2019新春の抱負=ヤマエ久野・大森礼仁社長(2019.01.07)

     ●「AIプロジェクト」発足 次世代問屋機能構築に向け

     2018年を回顧しますと、当企業グループが主に属する流通業界では、小売業界を中心とする競争は激しさを増し、集約や広域化など活発な動きが見られました。卸売業界でも総合…

  • 2019新春の抱負=竹之下・峯元良久社長(2019.01.07)

     ●食のフルライン流通実践 組織運営担える人材育成を

     当社は1956年(昭和31年)鹿児島で創業以来、おかげさまで63年の歴史を刻んでまいりました。

     当社の発展の基礎を築いていただいた諸先輩、発展に尽力いた…

  • コスモス薬品・横山英昭社長に聞く ぶれない経営理念でEDLP徹底(2019.01.07)

     コスモス薬品は九州からはじまり、中国、四国、関西と全国的に出店を続ける小売業。食品の売上構成比が高いドラッグストアとしても知られる。18年5月期は売上高5579億9900万円、経常利益252億5500万円で着地した。同社のここ10年…