日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

関東小売流通/北関東・新潟夏季特集2016.08.08 11396号 04面

セルフレジ導入事例=ロヂャース(北辰商事)

印刷
Facebook
2016.08.08 11396号 04面

1レーンにセミセルフレジ1台と会計機2台を設置しピーク時間帯の行列を解消した(ロヂャース浦和店)
1レーンにセミセルフレジ1台と会計機2台を設置しピーク時間帯の行列を解消した(ロヂャース浦和店)

 ●年内にセミセルフレジを全店へ 買上点数多い食品売場の行列解消

 ディスカウントスーパー「ロヂャース」を首都圏で展開する北辰商事は、16年1月にロヂャース浦和店の食品フロアへのセミセルフレジ導入を皮切りに7月末で6店、12月末までに全12店((株)ロヂャースの1店含む)への導入を完了する計画だ。

 浦和店の食品フロアの平日買上点数は15点前後、朝市を実施する日曜は2~3倍の点数に跳ね上がる。セミセルフレジ導入前は、平日のピーク時間帯や日曜朝市には1レーン2人体制で対応してきた。・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 生存競争に勝つ サービス強化と効率化が鍵(2016.08.08)

     国内最大市場である関東、新潟地区の小売流通の競争は業種・業態を超えて激しさを増している。小売各社が力を入れる飲食スペースのイートインコーナーを充実している動きは胃袋の争奪戦を象徴している。その一方で人手不足は深刻だ。地域SM(食品ス…

  • 西友はフルセルフレジの導入を進めている 小売の人手不足対策「セルフレジ」 アンケート調査(2016.08.08)

     小売業でも人手不足が深刻化している。時給を引き上げて募集しても必要な人数が確保できないことも珍しくない。特に顧客との接点が多く、店舗全体の印象を左右するレジ係は、教育研修に時間を要するだけに質と量の確保に頭を悩ます小売業は多い。接客…

  • 進化するイートイン 休憩から集いの場へ(2016.08.08)

     ◇「食の外部化」ニーズつかむ

     食品スーパー(SM)や総合スーパー(GMS)、コンビニエンスストア(CVS)の店内で飲食できるイートインコーナーが進化している。イートインコーナー向けの商品展開やサービスの提供、会合やイベ…

  • アクシアルリテイリング・原和彦社長 フレッセイが新センター(2016.08.08)

     ●進行する新たなMD実験

     新潟県、群馬県を中心に隣接4県に食品スーパー(SM)約127店を原信、ナルス、フレッセイの3事業会社で展開するアクシアルリテイリングは、群馬県地盤のフレッセイが10月に生鮮食品、日配食品、惣菜…

  • ヤオコー・川野澄人社長 エリア制で対応力を強化(2016.08.08)

     ●客層別にきめ細かく提案

     ヤオコーは、エリア制を導入し、品揃えや人材育成で地域対応を強化する。主力商品を強化するとともに、顧客を19のセグメント(区分)で捉え、客層に応じた提案や品揃えを実現する。人手不足に対応し、シニ…

  • 大槻眞人社長 活躍する有力業務用卸=鹿島食品(2016.08.08)

     ●前9月期は過去最高益を計上 地域密着卸の本領発揮

     「15年9月期、売上高は前年比3.4%増の59億8000万円の増収増益で着地した。増収は介護施設分野などにおける新規顧客開拓や既存店の底上げが奏功した。増益は価格改定…

  • 宇留野正義社長 活躍する有力業務用卸=ウルノ商事(2016.08.08)

     ●「いい会社」といわれる企業へ 前3月期、過去10年来の最高益

     「16年3月期、売上高は前年並みだった。しかし、利益は価格転嫁による粗利益率の改善や販売手数料の増加もあり、営業・経常・純利益と過去10年間では最高益を確…

  • 秋山正行社長 活躍する有力業務用卸=三和(2016.08.08)

     ●今期(15年9月~16年6月累計)売上高、4%増 社員の待遇改善に注力

     「5月の連休以後、外食市場の伸びが鈍化してきた。個人所得が実質的に増えていない中で、若い世代の外食店離れや団塊世代が完全にリタイア(退職)し、ゴ…

  • 吉田満社長 活躍する有力業務用卸=吉田食品(2016.08.08)

     ●前2月期、外商部6%増で着地 今期は新規顧客開拓300件目標

     「16年2月期、外商部門(業務用食材卸)は、売上高が前年比6%増で着地した。群馬県内を中心に、(1)病院・介護施設給食(2)ミニチェーン店(3)レジャー・…

  • 大竹光彦社長 活躍する有力業務用卸=ネオテイク(2016.08.08)

     ●売上げ3%増、利益5%増推移 新長岡支店、10月にも着工

     ネオテイクは今期期初(15年11月)にCIを導入するとともに現社名に変更した。半年以上が経過し、新社名とともに新たに定めた企業理念や行動指針が社内外に浸透して…

  • 金田陽介社長 活躍する有力業務用卸=ニッカネ(2016.08.08)

     ●今期(15年10月~16年6月累計)売上高、8.3%増 ハード・ソフト面の衛生管理徹底

     今期(15年10月~16年6月累計)売上高は、前年比8.3%増で推移した。第4四半期(7~9月)にラストスパートをかけ、当初計画…

  • 深尾秀夫会長 活躍する有力業務用卸=関東食品(2016.08.08)

     ●今期中、新埼玉支店が具体化 夢は年商100億円の達成

     「株式売却(トーホーへの33.4%)は(会社)存続を考慮し、決断に至った。しかし、この件では業界の組織団体などを含めて、当社に対する風当たりの強さには驚いた」と語…

  • 臼田真一朗社長 活躍する有力業務用卸=関東食糧(2016.08.08)

     ●価値訴求の業務食材卸目指す 今期売上高、外商部は5%増

     「今期(2015年9月~16年6月)は全社的には前年比5%増で推移した。部門別では『市場部』(C&C店)は構造変化の中で厳しい状況が続いた。しかし、『外商部』は…