日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

Hard&Soft新春特集2018.01.26 11651号 11面

輸出促進、HACCP義務付け 課題は技術が解決

印刷
Facebook
2018.01.26 11651号 11面

 2017年は日EU・EPA、米国を除いた11ヵ国がTPPについて合意し、輸出への注力が課題だ。一方で食品衛生法の大改正、人手不足など農林水産業、食品産業は新たな局面を迎えている。農林水産業・食品産業は世界を意識し、体質強化が必要となっている。多くの課題を解決するために技術の動向をつまびらかにしていく。

 (江端哲也、伊藤哲朗)

・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • サンドイッチの移送を行う安川電機のハンドリングロボット 2018年ロボット化元年 “生産性革命”目指す(2018.01.26)

     少子高齢化などで人手不足が顕在化している状況で、食品業界でも省人化や省力化、自動化の担い手として「産業用ロボット」が注目される。食品工場、物流センター、店舗でも、ハンドリングロボットや協働ロボットの導入が期待される。政府が進める「ロ…

  • IT 原料規格書請求や作成で省力・効率化事例(2018.01.26)

     ●求められる食の安全・法改正対応

     食品メーカーは、消費者の食の安全に対する高い要求と食品法規の改正や厳格な対応が求められている。原材料の増加や調達経路の複雑化に伴い、Webを介したサプライヤーへの原料規格書請求や取引先…

  • 安倍卓朗氏 IT 省力・効率化事例=ヤマサ醤油 YQAS立ち上げ(2018.01.26)

     ●表示作成短縮など効果

     ヤマサ醤油は2014年2月、品質保証・開発支援システム「YQAS(ヤマサ・クオリティ・アシュアランス・システム)」のプロジェクトを立ち上げた。食品法令の改定と厳格化への対応、配合作成など商品開発…

  • 桐下義郎氏 IT 省力・効率化事例=ユウキ食品 VN核に一元管理(2018.01.26)

     ●部署間の垣根越え参照

     ユウキ食品は2014年、原料規格書収集の効率化、情報入力の責任部署明確化、原料規格書とひも付いた配合・表示の作成、得意先向け商品カルテ作成の負荷軽減を目的に、品質情報管理システムVestia N…

  • 杉野淑子氏 IT 省力・効率化事例=太陽化学 メルクネット利用(2018.01.26)

     ●規格書作成人員を半減

     太陽化学の杉野淑子氏(品質保証部品質保証グループ)は、食品・原料供給メーカー双方の役割を担う同社として「提出者、依頼者それぞれの立場から見るMerQurius Net(メルクリウスネット=メルク…

  • 食品機械・包装機械 食品輸出に応える 清掃しやすく汚染しにくい(2018.01.26)

     1月から始まる通常国会で厚生労働省は食品衛生法の改正案を提出する。食品メーカーの工場などの営業許可の扱いなども含まれていて大きな改正となるが、特に食品業界をゆるがすのは、小規模、飲食店など一部の業種を除いたHACCPの導入の義務付け…

  • 食品機械 海外との整合性が重要(2018.01.26)

     現行の食品衛生法や関連する都道府県などの条例で、食品工場は食品衛生管理者を決め、トイレなどを含めた設備、製造工程などの営業許可を受けなければならない。食品の機械については、清掃しやすさなどが法律に明記されているが、細かく規定されてい…

  • 包装機械 欧州基準ENにも対応(2018.01.26)

     厚生労働省がHACCPの義務付けを食品衛生法改正案に盛り込み、FSSC22000など食品安全マネジメントシステムの国際規格を海外の大手小売業が調達の条件にするなど、食品の安全性に新たな仕組みが要求されている。

     食品その…

  • 日本包装機械工業会・大森利夫会長(左)と東京工科大学・大山恭弘工学部長=写真提供:日本包装機械工業会 日包工、東京工科大と包括連携 人材の確保に活用(2018.01.26)

     人材不足が、中堅・中小企業でも顕著になってきている中で、日本包装機械工業会(日包工)は昨年10月5日、東京工科大学工学部と産学連携による実践的教育の拡充と産業振興を目的に包括連携協定を締結した。東京工科大が導入している有給型の長期学…

  • 大盛況だった昨年のFOOMA JAPAN=写真提供:日本食品機械工業会 「FOOMA JAPAN2018」6月12~15日開催(2018.01.26)

     日本食品機械工業会は、2018国際食品工業展(FOOMA JAPAN2018)を6月12日から15日まで東京・江東区の東京ビッグサイトで「食の技術は無限大。」をテーマに開催する。昨年実績で10万人以上が来場していて、今年もそれ以上を…

  • 検査機器 性能向上とIoT化 電子化データで生産・品質管理を(2018.01.26)

     消費者(流通)の安全・安心に対する関心の高まりやHACCPの義務化など、ますます「食」に対する要求が厳しくなる一方で、少子高齢化による人手不足は避けられない状況だ。従来の食品検査装置も、これまで以上に金属検出機の感度向上、CCP(重…

  • アンリツインフィビスが提案する品質管理・制御システム「QuiCCA」のパッケージ 検査機器=アンリツインフィビス 高まる顧客要求(2018.01.26)

     ●複合した品質検査対応

     食の安全への意識の高まりやHACCP義務化の動きで、品質とそれをチェックする検査機についての顧客要求が高まっている。アンリツインフィビスでは、金属検出機の感度の安定性の向上や、CCP管理サポート…

  • 図1 重要管理点 検査機器=イシダ 山積する課題解決のソリューション提案(2018.01.26)

     「食」を巡る環境が著しく変化する中で、HACCPシステム制度化や人手不足など、食品製造現場の課題が山積している。イシダは、産地から食品工場、物流、小売に至る川上から川下まで、現場課題を解決するソリューションの開発と提案を行っている。…

  • 精米関連機器 高い技術力武器に海外市場開拓(2018.01.26)

     ●生産地へのアプローチ積極化

     コメの消費減少が加速化する一方で、国の農家所得向上を目指した飼料用米生産振興で、ニーズの高い業務用米のひっ迫・高値が顕著となっている。昨年は主産地の東北や北陸中心に悪天候に見舞われ品質が低…

  • シンガポールのヘルシアチョイス認定マーク 精米関連機器=東洋ライス 「健康と美味」で需要創造(2018.01.26)

     精米関連機器メーカーからスタートした東洋ライスは、今や川上の農業分野から川下のコメ販売までを網羅する、コメ総合メーカーに変貌を遂げている。特に、コメ消費減が顕著となる中、独自開発した無洗米や健康米に注力。中でも新たなマーケットの創造…

  • 光選別機BELTUZAを核とした選別、計量、袋詰ライン。2ライン並行で稼働(JA秋田おばこ枝豆選別施設) 精米関連機器=サタケ コメ高付加価値化に貢献(2018.01.26)

     最大手のサタケは、高い技術力を生かし、国内に向けては、コメの消費拡大や農業・地域活性化に貢献する活動を展開する一方、グローバルビジネスにも積極的で、世界市場獲得に努めている。

     コメの価値向上に貢献する高機能性米では、独…

  • 情報発信を継続(写真提供=日本食品添加物協会) 食品添加物 国際的な整合性とHACCPの義務付け(2018.01.26)

     食品添加物も食品の一分類なので、今年の通常国会で審議される、HACCP義務付けなどを網羅した食品衛生法改正の影響を受ける、同時に輸出拡大など新たなグローバル化にも備えなければならない。国際的な整合性とHACCPの義務付けへの対応を日…

  • 2017日本パッケージングコンテスト 環境配慮型の製品に高評価(2018.01.26)

     日本包装技術協会が主催する「2017日本パッケージングコンテスト」入賞作品の中から、食品関連パッケージの一部を紹介する。機能面では利便性を高め、開封性・廃棄性に優れた環境配慮型の包装が多かった。デザイン性の高い包装も目立ち、パッケー…

  • 17年3月、IOFIサイエンスボードメンバーらが厚労省を訪問。積極的な意見交換がなされた 食品香料 17年総括・18年展望 規制の国際整合化の推進を(2018.01.26)

     飲食品のグローバルな流通が進む環境で、加工食品の円滑な国際貿易を目指すためには、香料規制の国際整合化がさらに強く求められている。香料業界でも安全性確保を最優先に国際的な視点を持ち、時代のニーズに合った香料製品の開発、安定供給、高品質…

  • 脱酸素剤・アルコール蒸散剤 安定供給・利益確保が課題(2018.01.26)

     食品の小型・個包装化が進み、脱酸素剤やアルコール蒸散剤を中心とする「品質保持剤」の出荷数量は増加傾向にある。ただし、価格競争や原料価格の高騰が利益を圧迫し、苦戦を強いられる企業も増えている。供給先の業績や天候など外部環境に左右されや…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=三菱ガス化学(2018.01.26)

     ●「エージレス」 国内外2拠点で安定供給

     脱酸素剤「エージレス」シリーズを展開する三菱ガス化学は、国内と海外(タイ)二つの製造拠点で高品質な製品を安定供給する。圧倒的なシェアと認知度を誇るブランド力を生かし、総合的な鮮…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=フロイント産業(2018.01.26)

     ●「アンチモールド」 製菓・製パン業界を下支え

     アルコール蒸散剤市場でトップシェアのフロイント産業は、主力の「アンチモールド・マイルド」が発売40年を迎える。脱酸素剤や水分活性測定器などもラインアップし、顧客の幅広い要…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=パウダーテック(2018.01.26)

     ●「ワンダーキープ」 多品種少量生産強化図る

     脱酸素剤「ワンダーキープ」シリーズを展開するパウダーテックは生産体制を見直し、多品種少量生産への対応を進める。幅広いラインアップを誇る製品群の評価は高く、検知剤一体型製品や…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=アイリス・ファインプロダクツ(2018.01.26)

     ●「サンソカット」 設備増強で供給力アップ

     近年業界での存在感を高めているアイリス・ファインプロダクツは、親会社であるアイリスオーヤマの販売ネットワークを活用した複合的な提案を加速させる。設備投資を積極的に行い、供給能…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=鳥繁産業(2018.01.26)

     ●「エバーフレッシュ」「アルベール」 鮮度保持ニーズ一括対応

     脱酸素剤やアルコール蒸散剤をはじめ、石灰乾燥剤、シリカゲル、保冷剤など幅広い品質保持剤をラインアップする鳥繁産業は、食品メーカーの鮮度保持ニーズにワンストッ…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=凸版印刷(2018.01.26)

     ●「鮮度保持剤」 包装材・システム複合提案

     脱酸素剤「鮮度保持剤」を展開する凸版印刷は、高齢化対策や地球環境保全など深刻化する社会問題に対し、「サステナビリティ」「ダイバーシティ」を軸としたパッケージソリューションの開…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=博洋(2018.01.26)

     ●「サンソレス」 利便性・作業性向上を提案

     脱酸素剤「サンソレス」や乾燥剤、保冷剤などの製造販売を手掛ける博洋は、総合的な食品鮮度保持の提案を迅速に行う。顧客に対するきめ細やかなサービスを強化し、ユーザーの利便性向上、…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=大和紙工(2018.01.26)

     ●「フレッシュドット」 国内営業強化、海外も注力

     非粉体のアルコール蒸散剤「フレッシュドット」を展開する大和紙工は製造環境の整備を進め、国内営業の強化を図る。

     製菓・製パン業界を中心に製品のメリットを訴求…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=ウエノフードテクノ(2018.01.26)

     ●「オキシーター/ETパック」 検知剤付き脱酸素剤伸長

     【関西】ウエノフードテクノは保存料・日持向上剤から品質保持剤、洗浄除菌剤まで幅広い食品保存技術を揃えたトータルサニテーションで高い競争力を構築する。今上期の品質保…

  • 品質保持剤主要メーカー動向=大江化学工業(2018.01.26)

     ●「タモツ」 新原料への切り替え模索

     【関西】大江化学工業の脱酸素剤「タモツ」は、18年に新たな主原料への切り替えを引き続き模索するとともに、多種の同時生産が可能な製造ラインの構築を目指す。

     「タモツ」は…