日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

生協特集2018.08.17 11748号 10面

人を大切にする SDGsへも対応

印刷
Facebook
2018.08.17 11748号 10面

 日本生活協同組合連合会(日本生協連)は6月15日、全国の生協の理事などが集まる総会で、生協全体における2018年度の重点課題として「安心して暮らせる地域社会づくりへの参加」「商品力の強化を通じた組合員のくらしと生協の経営への貢献」「生協の未来を担う人材の確保と育成」を示した。あわせて持続可能な開発目標(SDGs)への取組みをあらためて宣言した。生協の活動は「1人は万人のために、万人は1人のために」という助け合いの精神に基づいていて、SDGsとは親和性が高く、多くの企業でも始・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 全国主要65生協 増収だが減益(2018.08.17)

     2017年度における全国の主要65生協(カバー率90%)の経営状況は増収となったが減益となった。供給高は2兆6428億円と前年比で1.0%増となったが、経常剰余金は445億円、10.7%減となった。

     店舗事業、宅配事業…

  • 低頻度の商品を仕分ける(八王子センター) パルシステム連合会 物流業務で生産性向上 低頻度品で工夫(2018.08.17)

     パルシステム連合会は2017年7月に東京都八王子市の常温品の物流を手がける八王子センターに新システムを導入した。新システムは日曜雑貨や離乳食など注文数の少ない(低頻度)1400アイテムを仕分ける。生協の宅配事業では多様化する組合員の…

  • 伝統的な言い回しで話すリュウ・ヴァン・ティンさん ユーコープ 多様な“人財”の活躍 外国人職員が職場環境づくり(2018.08.17)

     少子化の影響で人手不足、人材不足が始まっている。特に配送、小売、接客などの業種は影響を受け、生協も例外ではない。神奈川県、静岡県、山梨県で事業を展開するユーコープは6月に開かれた日本生活協同組合連合会の総会で外国人人材の雇用機会増を…

  • 有機バナナ 日本生活協同組合連合会 有機バナナ取り扱い 多様な商品揃える(2018.08.17)

     日本生活協同組合連合会は各事業連合・生協にコープ商品として多くの加工食品を供給しているが、青果としてバナナも扱う。フィリピン、ペルー、エクアドル、台湾で栽培していて、園地を指定し、日本生協連の担当者が訪問して管理状況を把握する。

  • 恩納もずく コープCSネット サンゴ礁を守ろう 「恩納もずく」売上げで基金(2018.08.17)

     持続可能な開発目標(SDGs)に向けて倫理的な(エシカル)消費に対応する商品の一つとして、生協ひろしまなど中国・四国地方で活動する生協が参加する事業連合、コープCSネットは「もずく基金」を設ける。

     商品である「恩納もず…

  • 回収ボックスを持つフードバンクふなばし代表の笹田明子さん(左) コープみらい ゆるやかでしたたか ネットワークで食品ロス削減(2018.08.17)

     東京都、千葉県、埼玉県を事業エリアとするコープみらいは6月に千葉県船橋市にあるコープ薬円台店と市川市のコープ市川店にフードドライブ専用食品回収ボックスを設置した。回収した食品はフードバンクふなばしが連携する船橋市健康福祉局を通して支…

  • 納豆の品揃えが豊富(コープふくしまの店舗) コープフーズ 福島産の納豆を守れ! 宅配が支える(2018.08.17)

     福島市の老舗納豆メーカー「大文字本店」が6月に廃業し、市内での製造者はコープふくしまの子会社コープフーズだけとなった。廃業の背景には、2011年3月の東日本大震災とそれに伴う福島第一原発の事故で消費者に選ばれなくなったことがあるが、…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品 品質・価格以外の要素が重要に(2018.08.17)

     商品の品質、価格は市場で優位に立つための重要な要素だが、新たにフェアトレード、ジェンダーフリー、廃棄物削減、有機などの環境配慮などSDGs(持続的な開発目標)が重要な要素になっている。調理のための時間短縮は女性が社会参加できる時間を…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープ九州事業連合(2018.08.17)

     ●キャップ付きコープ牛乳、開けやすい容器に

     コープ九州事業連合は9月から販売する「CO・OP成分無調整コープ牛乳(キャップ式)1000ml」だ。開けやすい牛乳パックを求める声があり、それに対応した。

     この…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープこうべ(2018.08.17)

     ●30年以上の歴史、エコスリム コアノンロール

     コープこうべのお薦め商品は、牛乳パックを再利用したトイレットペーパー「エコスリム コアノンロール」。「トイレットペーパーの芯が無駄になる」という組合員の声をきっかけに19…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープきんき事業連合(2018.08.17)

     ●消費者の時短につながる、「かじきバターソテー(醤油味)」

     コープきんき事業連合のお薦め商品は冷凍食品の「かじきバターソテー(醤油味)」だ。バターと醤油で味付けしてあり、フライパンだけでカジキのソテーになり、組合員の時…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープ北陸事業連合(2018.08.17)

     ●カツオだしと昆布エキス、「HCOOP味付太もずく」

     コープ北陸事業連合のお薦めは、組合員モニターの意見を反映して1996年に開発した。味付けのポイントは、カツオだしと昆布エキスを配合し、あっさりとしたマイルドな味の「…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=東海コープ事業連合(2018.08.17)

     ●スリランカの子どもを支援、ディルマの紅茶

     東海コープ事業連合は倫理的(エシカル)消費に対応する商品を「誰かの笑顔につながる」と位置付けて展開する。その中でスリランカのディルマの紅茶を薦める。組合員が一点購入することで…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=ユーコープ(2018.08.17)

     ●静岡県産にこだわり、純米大吟醸「花の舞」

     ユーコープは、PBでもあるユーコープセレクションの中から純米大吟醸の「花の舞」を薦める。ユーコープの事業エリアの静岡県産の原料にこだわった。また、熟成期間を変えることで、四季…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=パルシステム連合会(2018.08.17)

     ●1週間分の副菜をパパッと手作り、「わが家の常備菜セット」

     パルシステム連合会はインターネット限定冷蔵の「わが家の常備菜セット」を薦める。1週間分の副菜をパパッと手づくりできる優れもの。毎週3品の副菜が、レシピ付で手早…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープデリ連合会(2018.08.17)

     ●累計2000万食、ミールキット「9品目の八宝菜(海老・帆立・いか)」

     コープデリ連合会のお薦め商品は、コープデリ・ミールキット「9品目の八宝菜(海老・帆立・いか)」。3種類の海鮮とウズラの卵、キクラゲなど、9品目もの…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープ東北サンネット(2018.08.17)

     ●福島県南相馬産「天のつぶ」使用「ふっくら パックごはん」

     コープ東北サンネット事業連合のお薦め商品は、古今東北シリーズの中から「福島県南相馬産『天のつぶ』使用『ふっくら パックごはん』」。低温製法で精米したコメをおい…

  • 主要な事業連合・生協のお薦め商品=コープさっぽろ(2018.08.17)

     ●地産地消の推進、道産米を飼料に「黄金そだちの卵」

     コープさっぽろのお薦め商品は「黄金(こがね)そだちの卵」だ。飼料は道産米を10%使用、食品工場の製造過程で発生する食品副産物も使用している。地産地消も実現し、廃棄され…

  • 活動エリア拡大へ 合理的な経営と規制 生協法のなかで(2018.08.17)

     みやぎ生協、コープふくしま、福島県南生協が2019年3月には組織合同(合併)して東北でも県域を越えて活動する生協が誕生する。他の小売業ならば他県への進出はしやすいが、より合理的な経営を目指しながら、消費生活協同組合法(生協法)に沿っ…

  • コープCSネット 原材料にこだわり「ならべてたべようえいごビスケット」(2018.08.17)

     ●手軽にとれるCa入り

     【中国】コープ中国四国事業連合(コープCSネット)のお薦め商品は、日本生協連と共同開発し9月に新発売される、かわいいひとくちビスケット「ならべてたべよう・えいごビスケット」だ。1000人を超す商…

  • 発展のために生産者、メーカー、卸と連携強化(2018.08.17)

     生協は原料の生産者と直接取引して、それを加工して商品化しているわけではない。モノがない時代では食品などを安定的な供給が優先されていたが、「組合員がより多種類の商品から選択できるように」「より社会的な商品」と商品だけでなく、調達・提供…

  • 江橋邦夫 ライフネット本部長 卸と連携強化=三菱食品 冷凍食品分野で強み発揮(2018.08.17)

     三菱食品は多くの食品メーカーと取引を通じて強い関係があり、冷凍、冷蔵、常温のフルラインで商品を供給している。直近では生協が求めている即食・時短といった考えに沿った商品も提案を進めている。冷凍食品分野では外食店の監修を受け、その外食店…

  • 松岡正進 広域営業部門生協営業部部長 卸と連携強化=日本アクセス ミールキット開発に最注力(2018.08.17)

     日本アクセスは、全社で中核事業化を目指す生鮮・デリカを、生協事業でもより強化。単身世帯や有職女性が増加する中、伸長するミールキットや即食商材・惣菜の提案に取り組む。生協ならではの商品を開発・発掘し、今期3%増の500億円超えを目指す…

  • エンディングはJA全農、日本生協連、日清ヨークのゆるキャラとほぺたんがダンス ほぺたんもダンス 約80の団体が出展「コープみらいフェスタ」(2018.08.17)

     約80の企業・団体が出展した「コープみらいフェスタin東京ドームシティプリズムホール」のエンディングはゆるキャラが集まって歌とダンスを披露。

     コープみらいとコープデリ連合会が7月21日に開いたイベント。「たべる、たいせ…

  • 南博貴 広域統括部第5担当副部長 卸と連携強化=国分グループ本社 共同ワークプロジェクト 生協専門で提案(2018.08.17)

     国分グループ本社は、国分首都圏、国分フードクリエイト、冷凍冷蔵に強みを発揮するナックス、協力関係にある菓子卸の山星屋の4社で4月に生協専門の共同ワークプロジェクトを正式に設置。各社から2人ずつメンバーが選ばれ、多様化していく生協の戦…

  • 荷下ろしをチェックできる 東海コープ事業連合 情報システム改革で配送員負担軽減も(2018.08.17)

     ●組合員に寄り添う ビッグデータ活用へ

     コープぎふ、コープあいち、コープみえが参加する東海コープ事業連合は2017年6月から宅配事業の配送員の業務支援システムを稼働させた。配送員一人一人にスマートフォン(スマホ)を携帯…

  • 有機とフェアトレードの認証を受けたバナナ 日本生協連 エシカル消費対応商品の定着・普及狙う(2018.08.17)

     日本生活協同組合連合会はコープ商品の見直しで新たにエシカル(倫理的)消費に対応した商品群を設定した。日本生協連は多くの事業連合・生協とともに国内農業支援などを考え方として組みこんだ商品を販売したが、大くくりにして「エシカル」としてい…