日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中元ギフト特集2018.06.11 11713号 06面

需要喚起へ施策さまざま

印刷
Facebook
2018.06.11 11713号 06面

 2018年の中元ギフト商戦は需要喚起へさまざまな施策を打ち出しているのが特徴だ。百貨店は世代に応じて利便性を追求、チェーンストア(CS)でも総合スーパー(GMS)が健康を訴求する商品、限定品の品揃えで贈答利用を深耕するほか、取り寄せによる自家消費取り込みを図る。食品スーパー(SM)は生鮮品で差別化、コンビニエンスストア(CVS)は百貨店ギフトの追加などで客層の拡大も追求する。

 (ギフト取材班)

・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 選びやすい環境を追求するギフトセンター(東武池袋店) 首都圏百貨店=贈答目的を広げ若年層獲得(2018.06.11)

     ●シニアに優しい買い物体験

     中元・歳暮市場の担い手は60代以上で5割強、50代を含めると4分の3を占めるとみられる。30~40代の構成比は2割にとどまり、贈答の習慣は世代間で断絶が生じている。高齢化が進む既存顧客に対し…

  • 大手CS=割安感打ち出すも全体的に価格帯は上振れ(2018.06.11)

     ●配送費、扱いで違いも

     大手チェーンストア(CS)の18年中元ギフト商戦は、前年に比べて価格訴求がトーンダウンしているのが特徴だ。総合スーパー(GMS)を中心に割引対象の品目数が少なくなるなど全体的に価格帯が上振れして…

  • CVS=独自色やご当地で差別化 シニア向け百貨店ギフト揃え客層拡大(2018.06.11)

     コンビニエンスストア(CVS)の18年の中元ギフトは自家需要や近親者や友人などパーソナルギフトの定着で、消費者ニーズが多様化しているため、去年よりも大幅に品揃えを増やしたチェーンや厳選したご当地ギフトで差別化を打ち出す。若年層が中心…

  • カテゴリー別動向=清涼飲料 贈答先の好みなど反映(2018.06.11)

     最盛期の夏場を迎える清涼飲料ギフトは、儀礼的な贈答が減少し、親戚や友人・知人など、顔が見える贈り先への増加傾向が続く。贈答先の相手の家族構成や好みなど、顔が見える関係性だからこその「健康面」のサポートや「プレミアム感」など、贈り先へ…

  • カテゴリー別動向=コーヒー 近い関係だから高級化(2018.06.11)

     今年の中元期もコーヒーギフトはプレミアム化が進む。儀礼的な贈答が減少し、両親や友人など、贈り先の顔が見える贈答の比率の高まりから、“近い関係性だからこそ、高品質かつこだわりの製品を贈りたい”というニーズが高まっている。シニア間での贈…

  • カテゴリー別動向=ビール類 目立つ限定、詰合わせ(2018.06.11)

     ビール類ギフトは、限定感を訴求する商品のほか、多種を詰め合わせたバラエティーセットや手土産用など自家・個人消費に対応したセットが目立つ。

     アサヒは昨年好評だった国産原料100%の「スーパードライ ジャパンスペシャルセッ…

  • カテゴリー別動向=海苔 改良や品質訴求本格化(2018.06.11)

     海苔のギフト市場は相場高で毎シーズン、規格変更が相次ぐ。法人需要が減って長期低落傾向にあり、容量減も進んで縮小を加速。売価維持と向上を支える、単なる改定でない改良、品質訴求が本格化しつつある。

     ギフト原料は国内産に限ら…

  • カテゴリー別動向=食用油 オリーブオイルけん引(2018.06.11)

     食用油ギフトはここ数年、オリーブオイルを軸としたギフトがけん引している。近年ではこれにアマニ油などの健康ジャンルが加わり、プレミアム化を実現。今中元期も日清オイリオやAGF、昭和産業など主力メーカーが積極的な商品提案を実施している。…

  • カテゴリー別動向=洋菓子 トレンド捉え価値提案(2018.06.11)

     洋菓子ギフトは若者層や単身層を取り込める通年ギフトとして売場を拡大、今中元期もトレンドを踏まえた付加価値提案が加速している。また有力パティシエの監修ギフトや通販での取り寄せギフトなども活発化している。

     パーソナルギフト…

  • カテゴリー別動向=乾麺 試食、簡便対応を強化(2018.06.11)

     乾麺類の中元ギフトは、近年、全体的に減少傾向が続き、昨年の各デパートの販売実績も前年を下回る結果が大勢となっている。

     今期は夏場に向かって暑さ到来が予想されるなど、涼味ギフトの代表格である乾麺ギフトにとっては追い風とな…