日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

秋期漬物特集2014.09.26 11075号 22面

トピックス=村岡食品工業、秋冬限定のユズ風味 チョロギシリーズ新発売

印刷
Facebook
2014.09.26 11075号 22面

漬物スナック「チョロギゆず風味」(左)と通年商品の「チョロギ梅風味」
漬物スナック「チョロギゆず風味」(左)と通年商品の「チョロギ梅風味」

 村岡食品工業は上旬から、漬物スナック「チョロギ」シリーズの新商品「チョロギゆず風味(20g税込み108円)」を全国の量販店、CVS、自社の通販サイトで発売した。ムラオカブランドは「梅しば」「ごんじり」などで知られている。

 チョロギ(長呂儀)はシソ科の植物の根の部分で、縁起物とされおせち料理では、梅シソ味の酢漬として紅白のチョロギが黒豆煮に添えられていることが多い。

 ムラオカは09年3月から「チョロギ梅風味」を発売し、通年販売している。14年3月からは「チョロギすもも風味」を・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 漬物はヘルシーな野菜加工品 ヘルシーな野菜加工品を訴求 秋冬商戦、新商品・新提案出揃う(2014.09.26)

     秋冬商戦に向け、各社の新商品、新提案が出揃ってきた。ここ数年のトレンドとなっている“野菜を食べる”“メニュー提案”“惣菜に近づく”といったキーワードは今秋以降も続く。一方、惣菜そのものやカット野菜など、野菜を扱ってきた強みを生かし、…

  • 中間流通トップに聞く 漬物の魅力伝えて啓蒙(2014.09.26)

     漬物は成熟産業といわれているが、毎年多彩な新商品が開発されている。各メーカーや団体は、工場見学、体験教室、イベント、「T-1グランプリ」の開催などで消費者が漬物に触れる機会を設け啓蒙(もう)を図っている。日本食文化がユネスコ無形文化…

  • 中間流通トップに聞く=東京中央漬物・皆川昭弘社長(2014.09.26)

     ここ数年は大きなヒットに恵まれないが、各カテゴリーとも比較的安定している。このところ「割高でもおいしいもの」の売れ行きが順調だ。設備投資や手間もかかるが、漬物を炒め物、煮物など惣菜に加工した単価の高いものに挑戦できなければ生き残りは…

  • 中間流通トップに聞く=ダイニチ食品・鈴木保相談役(2014.09.26)

     【中部】卸売事業に携わり、業界内に長年影響を与えてきたダイニチ食品。その卸売事業と同じぐらい「地域密着企業」のポジションを重視し、現在、さまざまな取組みを行っている。しかし、幅広い世代に漬物の良さを知ってもらいたいという考えは首尾一…

  • 中間流通トップに聞く=堺共同漬物・林野雅史社長(2014.09.26)

     【関西】堺共同漬物は大阪・泉州特産の水ナス漬の製造販売で、大阪発地方行きの商流をいち早く作り上げ、地域の味に優位性を持たせて全国に発信している。製造販売だけでなく、卸、小売と、さまざまな角度から漬物市場に携わる同社。今年の漬物市場動…

  • 漬物は地域特産品のためアイテム数が多い 全国年間売上金額ランキング KSP-POSデータ(2014.09.26)

     ●国産キムチ“踊り場”も上位占める

     「KSP-POSデータ」から「漬物」を抽出して、13年7月から14年6月までの1年間について、各商品の売上げ金額合計ランキングを19面まで示した。

     15面には全国150…

  • 梅干し売場 原料情報=梅 天候不順で販売不振(2014.09.26)

     【関西】夏場の天候不順の影響を受け、西日本で梅干しの販売状況が伸び悩んだ。3月は増税前の駆け込み需要で、ある程度のプラスを確保したが、4、5月はその反動で売れ行きが鈍化。回復が見込まれた夏場も、8月の気温が思ったほど上昇しなかったこ…

  • 原料情報=ラッキョウ 需要戻り2桁増も(2014.09.26)

     落ち込んでいたラッキョウの需要が戻ってきた。13年秋から今春にかけて底を打ったが、7月2日放送のNHK「ためしてガッテン」でラッキョウの魅力が紹介されたことで、その後の売れ行きが前年比2桁増というメーカーや欠品するほど伸びたというメ…

  • 種ショウガが高値だったため作付面積が4割減少したタイのショウガ圃場(ほじょう) 原料情報=ショウガ 主産地は最高値更新(2014.09.26)

     ショウガ需要は安定しているが、タイの14年産原料は1ケース(45kg)120~130ドルと予想されている。中国・福建省は同100~110ドル、中国・山東省は同100ドルと、三つの産地とも史上最高値となる見通しだ。タイは作付面積が4割…

  • 浅漬け原料は天候に左右されるが、欠品には量販店のペナルティが… 原料情報=キュウリ・ナス・野沢菜 浅漬け原料一時ひっ迫(2014.09.26)

     台風11号とその後の旧盆時の降雨と高温の影響で今夏はキュウリ、ナス、野沢菜などの浅漬け原料が一時的にひっ迫した。特にキュウリは天候要因から10kg7000円と高騰した。全国に原料を求めたが、注文の半分ほどしか買えず、供給を止めたメー…

  • ミャンマーベル社イエ・ミイン・マウン社長(左)と籠島忠作社長 トピックス=新進、チャイナプラスワン 野菜加工品の生産・販売をミャンマーで(2014.09.26)

     新進は、「チャイナプラスワン」の地をミャンマーに決めた。現地法人「ミャンマーベル社」と合弁で、野菜加工品の生産と販売を行う。将来的には現在、中国の合弁会社で行っている塩蔵原料や半加工、味付けなどと同等の加工を行う。ミャンマーベル社は…

  • フレッシュピクルスの素 トピックス=Mizkan、「フレッシュピクルスの素」 売上げは計画の3倍超(2014.09.26)

     Mizkanは、近年バル業態をはじめとする料飲店の洋風メニュー人気の高まりを受けて提供率が上昇しているピクルスに注目し、2月に業務用ピクルス用調味酢「フレッシュピクルスの素」(1000×8本、税抜き4480円、1本当たり同560円…

  • 省スペースでも設置できる小型食品洗浄機「アクアウォッシュ・キューブTWS-115」 トピックス=タイガーカワシマ、「アクアウォッシュ」シリーズ 原料汚れ除去に最適(2014.09.26)

     タイガーカワシマの食品洗浄機「アクアウォッシュ」シリーズは、漬物の表面洗浄や脱塩、原料野菜の汚れや、異物除去に最適だ。同シリーズの最大の特徴は、「エア、循環水、水道水を一つのエジェクタから同時に低圧噴射することで発生する新開発のクリ…

  • 竹林正孝新社長 トピックス=竹林、竹林正孝専務が社長に就任(2014.09.26)

     竹林は定時株主総会、取締役会で竹林寅雄社長が退任、会長に就任した。後任には竹林正孝専務取締役が昇格した。竹林は「キムチベースむーひ」で知られている。

     【竹林正孝氏略歴】1974年8月18日埼玉県生まれ。白鴎大学経営学部…

  • 見た目にもおしゃれな「おすし屋さんのがりチューハイ」 トピックス=遠藤食品、「おすし屋さんのがりチューハイ」 寿司店向けに提案(2014.09.26)

     遠藤食品は寿司店向けに「おすし屋さんのがりチューハイ」を提案している。寿司店になくてはならない存在のガリを使う。寿司を食べる間に飲めば魚の臭みを消して口直しになり、次の寿司がおいしく食べられる。

     ジョッキに氷とガリの調…

  • スタミナ重視の男性がターゲット トピックス=新進、香りと食感楽しめる「男気ニンニク焼肉風味」発売(2014.09.26)

     新進は1日から、「男気ニンニク焼肉風味(50g参考価格180円)」「激辛うまっ!とがらし(80g230円)」「するめと昆布とポリポリ大根(160g同260円)」を発売した。なかでも男気にんにくは、電子レンジで温めるとホクホクの食感と…

  • 尹美月シェフが監修した「尹家GINZA伝統キムチ」 トピックス=美山、韓国レストランのシェフ監修「尹家GINZA伝統キムチ」発売(2014.09.26)

     美山は1日、ミシュランガイド2014で2つ星を獲得した韓国レストラン、「尹家GINZA」の尹美月(ユン・ミウォル)シェフが監修した「尹家GINZA伝統キムチ(300g参考売価358円)」を全国で発売した。

     尹家は、李王…

  • しっかりした味付けの「減塩7種の野菜」(左)と「減塩彩りかぶきゅうり」 トピックス=アキモ、30%減塩の新シリーズ 「減塩浅漬」など7品発売(2014.09.26)

     アキモは同社従来品比30%減塩した「減塩浅漬」シリーズ「減塩7種の野菜(120g希望小売価格税抜き211円)」「減塩彩りかぶきゅうり(同)」など7品を発売した。

     一般的に減塩食は物足りなさやおいしさが損なわれるイメージ…

  • 屋根に乗っている漬物樽の看板が目印 トピックス=ダイニチ食品、「ふき街道 漬処 おふくろ庵」 近隣住民がファンに(2014.09.26)

     ダイニチ食品は昨春、愛知県東海市の本社敷地内に同社初の直売店「ふき街道漬処 おふくろ庵」をオープンさせた。知多半島の野菜を使った本格的な漬物、こだわりの食品を販売しており、その品質の高さから近隣の住民を中心にファンを獲得しつつある。…

  • 秋本食品はもみじで秋冬を演出 トピックス=秋本食品と東京中央漬物、秋冬展示会を開催 各地名産品をアピール(2014.09.26)

     秋冬商品の商談は、6月開催の秋本食品の展示会、7月開催の東京中央漬物の展示会から早くもスタートを切った。各地の名産品、多品種の野菜を摂れる商品や、料理の具材や調味料にも利用できる商品、付加価値の高いものなどそれぞれの切り口でアピール…