日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

秋季漬物特集2018.09.26 11768号 15面

主力商品の提案多彩に 簡便・つまみ・ご飯にかける調味料として

印刷
Facebook
2018.09.26 11768号 15面

秋本食品の企画展示では「楽しいコトには、おいしいモノがある!~いろいろな食シーンとお漬物~」として、居酒屋、焼肉・ステーキ、行楽などトレンドに合わせた漬物メニューを提案した
秋本食品の企画展示では「楽しいコトには、おいしいモノがある!~いろいろな食シーンとお漬物~」として、居酒屋、焼肉・ステーキ、行楽などトレンドに合わせた漬物メニューを提案した


 17年11月から18年4月にかけて原料野菜が不足した。中でも野沢菜、高菜、広島菜、大根、梅は不足が続き、白菜も出荷調整が行われ、従来通りの商品が確保できなかった。今夏は梅干し、ラッキョウ、ショウガの需要が高まった。引き続きキムチの売れ行きも堅調に推移している。

 秋本食品は6月、東京中央漬物は7月にそれぞれ東京都内で秋冬に向けた新商品、主力商品を提案する展示会を開催した。簡便なもの、ビールや酒のつまみにできるもの、ご飯にかけるもの、調味料的に使えるものの提案が増えている。

 以・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 漬物原料=恒常的原料高で値上げ機運(2018.09.26)

     漬物原料の恒常的な原料高で、値上げ機運が高まっている。海外からの輸入原料は現地の栽培面積減少やコスト高で価格高騰の見通し。国産原料も天候不良や後継者不足などで生育状況、数量ともに不安定な様相が続く。需要と供給のバランス確保が難しくな…

  • 漬物原料=梅 記録的猛暑で需要爆発(2018.09.26)

     ●販売量前年比5割以上伸長

     7月にTV番組で梅干しの抗老化作用、脂肪燃焼作用などの健康効果が紹介され、需要が一気に増大。記録的な猛暑による熱中症対策需要も加わり、生産が追いつかないほど注文が殺到している。

  • 漬物原料=ラッキョウ 中国産の作付減少(2018.09.26)

     17年11月にTV番組でラッキョウの整腸作用が取り上げられて以降、今夏の気温高も手伝って販売は順調に推移。11月という需要期でない時期だったことも幸いした。

     中国産の今年の作付面積は各産地で30~40%減少しているもよ…

  • 中国南部のショウガのほ場 漬物原料=ショウガ 山東省では価格高騰続く(2018.09.26)

     ◇国内加工メーカー、値上げも視野に 物流・包材コスト上昇

     18年度産は各産地とも雨量が多く、数量的には問題なさそう。ただ種の生育次第では19年産の品質に影響が出てくる。山東省では価格高騰が続き、タイや中国南部に近い価格…

  • 漬物原料=キュウリ・ナス/ニンニク/大根(2018.09.26)

     ●キュウリ・ナス 中国産キュウリ、天候不良で収穫減る

     18年産の中国産キュウリは天候不良が続き収穫に大きく影響。主要産地である遼寧地区、河北省、天津地区の生キュウリは品不足と現地需要の高まりで、17年と比べ価格は上昇し…

  • 17年7月~18年6月全国年間売上金額ランキング KSP-POSデータ(2018.09.26)

     ◆キムチ2強市場 各地の有力メーカー参戦へ

     「KSP-POSデータ」から「漬物」を抽出し、17年7月から18年6月までの1年間について、各商品の売上げ金額合計ランキングを示した。

     19~21面には北海道か…

  • 中間流通トップインタビュー(2018.09.26)

     漬物業界は原料野菜の不足と高騰に苦しんできた。6月以降は梅干し需要が伸長し、かつて経験したことがないほどの売れ行きだった。一方、2年連続の不作だったため原料在庫を様子見しながら、綱渡りの商いとなった。18年産は平年作で早めに新ものに…

  • 中間流通トップインタビュー=丸越・野田明孝社長(2018.09.26)

     【中部】百貨店向けの「ピクレッドサラダ」「ベジリエ」、量販店向けの「ぴくりら」のブランド店舗を展開し、今の食シーンに合った「サラダ漬物」というジャンルを確立している丸越。昨今は「減塩」に取り組み、日本高血圧学会から認定を受けた商品を…

  • 中間流通トップインタビュー=東京中央漬物・皆川昭弘社長(2018.09.26)

     東京中央漬物の18年3月期決算は、期中の秋冬に原料野菜が不足して従来通りの商品が確保できず、売上高は前年比3%減の48億1950万円、売上総利益は同4%減の4億0740万円で2期ぶりに減収減益。今期は6~8月に夏物商品が好調だったが…

  • 中間流通トップインタビュー=堺共同漬物・林野雅史社長(2018.09.26)

     【関西】大阪・泉州特産の水ナス漬けの製造販売で大阪発地方行きの商流をいち早く作り上げ、地域の味に優位性を持たせ全国に発信する堺共同漬物。主力の水ナス漬けをはじめとした多様な商品開発で、卸売業だけでなく多彩な角度から漬物市場に携わって…

  • 境内に向かう漬物関係者ら トピックス=愛知県漬物協会、第2回理事会と香乃物祭を開催(2018.09.26)

     【中部】国内で唯一の、漬物の神を祭る神社として有名な萱津神社(愛知県あま市)で8月21日、愛知県漬物協会による「平成30年度第2回理事会」と「香乃物祭」が行われた。

     第1協議事項の「本年度の事業推進と各種行事」では、「…

  • トピックス=漬物製造管理士試験、受検申し込み最多に(2018.09.26)

     全日本漬物協同組合連合会(全漬連)の漬物製造管理士・技能評価試験は2日、全国5ブロックの調理師専門学校などで実施、過去最多の330人が受検申し込みをした。19年度からは受検資格が変更される。

     過去4回行われた同試験は、…

  • 遠藤栄一社長 トピックス=遠藤食品、食品安全認証FSSC22000取得(2018.09.26)

     遠藤食品は6月20日付で、食品安全マネジメントシステム「FSSC22000(Food Safety System Certification)」を認証取得した。適用範囲は、漬物(新ガリ、甘酢ショウガ、紅ショウガ、醤油漬け商品、酢漬製…

  • トピックス=三幸、惣菜風おかずを拡充 新物流センター稼働へ(2018.09.26)

     【新潟】三幸の18年9月期は、前年並みで着地しそうだ。原材料の高騰などに苦慮し、増量などの特売が打ちにくかった。ただ、後半の猛暑で梅干し関連の商品は急増。注力してきた「おかず昆布」シリーズなど惣菜商品も堅調に推移している。

    <…
  • 大羽恭史氏 トピックス=食品産業功労賞に大羽恭史氏(東海漬物会長)が受賞(2018.09.26)

     ●漬物界から6人目

     日本食糧新聞社制定・農林水産省後援による第51回(平成30年度)食品産業功労賞の受賞者の一人に、大羽恭史東海漬物会長が決まった。漬物業界では第1回の籠島忠作氏(新進食料工業会長)から6人目の快挙とな…

  • トピックス=桃屋、「キムチの素」でレシピ動画充実(2018.09.26)

     桃屋は「キムチの素」=写真=で調理した麻婆ナスといったレシピ動画を充実し、売上げ増と好実績につなげている。動画は女性向けサイト「C CHANNEL」で配信。ホームページやInstagramとも連動し、奏功している。

     「…