日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

プレミックス特集2018.11.05 11791号 07面

価値提案で活性化へ 業務用に機能・簡便性を 家庭用は調理機会の創出

印刷
Facebook
2018.11.05 11791号 07面

SMの惣菜コーナーで天ぷらなどは人気商品となっている
SMの惣菜コーナーで天ぷらなどは人気商品となっている

 プレミックス市場は、ミックス粉ならではの価値を提案していくことで市場の活性化を目指している。大きい構成比を占める業務用カテゴリーでは、顧客の人手不足を切り口とした機能性や簡便性を打ち出した展開が奏功している。家庭用は、女性の社会進出などによる家庭内での調理機会の減少というマイナス要因を打破する商品戦略やイメージ訴求で需要の掘り起こしを図っていく。(久保喜寛)

 日本プレミックス協会調べによるプレミックス生産量(協会加盟13社合計)は、17年度(1~12月合計)が36万0848・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 日本プレミックス協会、プレミックスコンテスト実施(2018.11.05)

     日本プレミックス協会は「第6回小学生プレミックスクッキングコンテスト」を実施している。これは、プレミックスの普及事業の一環として行っているもので、家庭用プレミックスの手軽さ・便利さ、おいしさを実際に作りながら体験してもらうキャンペー…

  • 家庭用メーカー動向=森永製菓 「もみもみホットケーキミックス」発売(2018.11.05)

     ●時短・簡便に応える

     森永製菓の今秋冬期のホットケーキ、パンケーキミックス、ケーキミックス戦略は、ホットケーキミックスシェアトップの「森永ホットケーキミックス」を中心に展開。女性の社会進出などで、より時短・簡便のニーズ…

  • 家庭用メーカー動向=日本製粉 「伝説のから揚げ粉」好調(2018.11.05)

     日本製粉の家庭用プレミックスの上半期の販売状況は、無糖カテゴリーをけん引役に前年を上回った。天ぷら粉は「オーマイ 油少なめ天ぷら粉」のリニューアル効果のため堅調に推移した。また、唐揚げ粉の「オーマイ 伝説のから揚げ粉」も昨秋刷新した…

  • 家庭用メーカー動向=日清フーズ “こだわり”“健康”を軸に(2018.11.05)

     日清フーズの家庭用プレミックスカテゴリーの上半期(4~9月)は、前年並みで折り返した。お好み焼き粉が微減の中で、ホットケーキミックスや「日清 水溶きいらずのとろみ上手」「日清 いろいろ作れる味付け用ミックス」などボトルタイプが伸長し…

  • 家庭用メーカー動向=昭和産業 天ぷら粉、さらなる拡大へ(2018.11.05)

     昭和産業の家庭用プレミックスは、天ぷら粉や唐揚げ粉が前年並みで推移する中、お好み焼き粉カテゴリーが増加したため、上期をプラスで折り返した。下期もトップメーカーとして天ぷら粉のさらなる拡大に取り組むとともに、本格シーズンに向けたお好み…

  • 家庭用メーカー動向=共立食品 増収着地見込み(2018.11.05)

     ●「ミニオン」シリーズ展開

     共立食品の18年8月期決算は、グループ全体売上高が約465億円(前年比4.8%増)と増収での着地となった。単体売上高は約325億円(同4.9%増)で、そのうち製菓原材料(ミックス粉など)が約…

  • 天ぷら粉を使うことで簡単・便利に仕上がる 業務用メーカー動向=千葉製粉 製品・提案力を強化(2018.11.05)

     ●市販用冷食向けが伸長

     千葉製粉の業務用プレミックスの上半期販売状況は、天候不順などの影響を受け、低調に推移した。その中で、市販用冷食向けでは、同社独自の提案は着実に成果を生んでいる。この状況下、「業務用製品の開発・提…

  • 業務用メーカー動向=昭和産業 ニーズ細分化、提案力強化(2018.11.05)

     昭和産業の業務用プレミックスカテゴリーの上半期は、無糖が未達となった一方で、加糖が2桁増となった。加糖の好調はCVS向けパンミックスが顧客の新製品への導入につながったことなどで売上げを伸ばした。無糖は、8月まで堅調に推移していたが、…

  • 業務用メーカー動向=日清製粉グループ 課題対応で市場活性化へ(2018.11.05)

     日清製粉グループのプレミックス事業を担う日清フーズと日清製粉プレミックスの2社は、ともに業務用市場で課題となっている人手不足、簡便性、健康志向をキーワードとして製品やサービスの展開で、事業の拡大と市場の活性化に取り組んでいる。

  • TA-433かき揚げ用天ぷら粉使用商品 業務用メーカー動向=日本製粉 成長基調を継続(2018.11.05)

     ●簡便性・健康系充実で伸長を

     日本製粉の業務用プレミックスカテゴリーは、引き続き成長基調にある。同カテゴリーは、2010年から順調に売上げを伸ばし、今上半期も微増となっている。顧客の人手不足に対応した簡便性や健康系の製…

  • 業務用メーカー動向=日東富士製粉 加糖・無糖とも微増(2018.11.05)

     ●たい焼き向けミックス好調

     日東富士製粉の上半期プレミックス販売実績は、無糖・加糖ともに前年に比べ微増で折り返した。

     上期の加糖は、同社の強みであるスナックミックス(クレープ・たい焼きなど)が、フードコー…

  • 業務用メーカー動向=奥本製粉 家庭用好調で前年比14%増(2018.11.05)

     ●年間計画の必達目指す

     奥本製粉の今上期販売動向は、重量ベースで前年比14%増と2桁の伸びを示している。家庭用が同20%増と大きく成長した。業務用は同1%増と堅調に推移した。

     業務用の無糖は外食向け専門店…