日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

RTD特集2018.04.13 11688号 09面

18年2億ケースの大台視野 高アル続伸 11年連続過去最高更新へ

印刷
Facebook
2018.04.13 11688号 09面

圧倒的なブランド力を誇る「氷結」(キリン)と「-196℃ストロングゼロ」(サントリー)
圧倒的なブランド力を誇る「氷結」(キリン)と「-196℃ストロングゼロ」(サントリー)


 RTD(レディー・トゥー・ドリンク)アルコール飲料が、18年も好調だ。ここ数年同様にストロング系をけん引役に、すでに11年連続での過去最高更新が確実視されている。メーカー各社の戦略に苦手分野の強化が目立つが、サントリー、キリンが「プレミアム」「飲み応え」といった独自の切り口で新たな提案に挑む。成長市場を、さらに魅力化する2強の取組みに注目が必要だ。特集内、ケースは250ml×24本換算。(丸山正和)

 RTD市場は17年、前年比9%伸長し、10年連続で過去最高を更新した。ビー・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • サントリースピリッツ・秋山信之氏に聞く ハイボール缶、RTD上回る伸び(2018.04.13)

     飲食店でのハイボール人気が続く中、もう一つの重要なユーザー接点となっているのが、家庭用のハイボール缶。同市場を強力にけん引してきたのがサントリースピリッツだ。17年の同社ハイボール缶はトータルで、前年比27%増の1402万ケース、好…

  • 有力メーカー動向=キリンビール 高刺激と飲み応え(2018.04.13)

     ●「ザ・ストロング」6000万ケース目指す

     キリンビールのRTD事業は18年、高アルコール度数のストロング領域に「高刺激」と「飲み応え」をもった新ブランド「キリン・ザ・ストロング」を投入する。「氷結」「本搾り」という2…

  • 有力メーカー動向=サントリースピリッツ プレミアムを強化(2018.04.13)

     ●「ザ・カクテルバー プロフェッショナル」 需要促進へ

     サントリースピリッツは18年、プレミアムRTDの提案を強化する。

     3日に新発売した「ザ・カクテルバー プロフェッショナル」で、食後のくつろぐ時間に楽…

  • 有力メーカー動向=宝酒造 強みの焼酎生かす(2018.04.13)

     ●チューハイ 多様な価値提供

     【関西】宝酒造は、「タカラ焼酎ハイボール」をはじめとする辛口チューハイで強みを発揮するとともに、「樽熟成焼酎ハイボール」や「極上レモンサワー」「寶CRAFT」といった、同社の強みである焼酎…

  • 有力メーカー動向=アサヒビール 体制の盤石化図る(2018.04.13)

     ●第3の柱に「贅沢搾り」

     アサヒビールのRTD事業は18年、第3の柱に位置づける新ブランド「贅沢搾り」(フレーバーは3種)を3月に発売した。アルコール度数は4%で、RTD市場の3分の1を占めるレギュラー度数帯。ストロン…

  • 有力メーカー動向=サッポロビール オンリーワン創出(2018.04.13)

     ●新たに3ブランド投入

     サッポロビールは、3日に女性向けのストロング商品「りらくす」を発売し、RTD分野の強化を鮮明にする。18年は年内に同品を含め新ブランドを三つ投入するなど商品の発売を加速。年間の同社RTD計で、前…

  • 有力メーカー動向=チョーヤ梅酒 梅酒ハイボール投入(2018.04.13)

     ●甘くない高アルドライ

     【関西】梅酒の総合メーカー、チョーヤ梅酒は、市場のニーズに合わせた多彩な商品を展開することで、市場の新たな開拓につなげていく。

     一方で、15年1月に日本洋酒酒造組合が制定した業界自…