日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

海外ブランドビール特集2018.06.13 11714号 10面

巨大ブランドは好調維持 中小は優勝劣敗が進行

印刷
Facebook
2018.06.13 11714号 10面

パブをはじめとする業務用では、海外ビールは古くから高い人気を誇る
パブをはじめとする業務用では、海外ビールは古くから高い人気を誇る

小売店頭では大型ブランド間の競争が激化
小売店頭では大型ブランド間の競争が激化

 海外ブランドビール市場は18年、昨年にもましてブランドごとの優勝劣敗がはっきりとしそうだ。昨年は「バドワイザー」「ハイネケン」の2大ブランドは引き続き伸長を維持。一方で、ベルギー産をはじめとするブランドは大きく苦戦を強いられた。今年に入り復調の兆しが見られるが、若年ファンとのコミュニケーション強化や店頭での試飲会実施など、ターゲットを明確にしたキメ細かい施策が必須の状況。大型ブランドの移管や復活が活発化する中、マーケティング投資などの資本力があるメジャーブランド以外は厳しさ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要各社動向=キリンビール 目前に大型イベント(2018.06.13)

     ●「バドワイザー」「ハイネケン」ともに拡大見込む

     キリンビールは「バドワイザー」「ハイネケン」が引き続き伸長を続けている。大型イベントを控え、2ブランドともにさらなる拡大が見込まれる。

     「バドワイザー」は…

  • 主要各社動向=三井食品 若年ファン取込み加速(2018.06.13)

     ●展示会を情報交換の場に

     三井食品は昨年からスタートした若年ビールファンとのコミュニケーションを継続強化している。フェイスブックの「ワールドビアジャーニー」での情報発信を続けながら、今年は同社内での試飲会や総合展示会「…

  • 主要各社動向=アンハイザー・ブッシュ・インベブ・ジャパン(2018.06.13)

     ●イベントで世界観訴求 「コロナ」「ヒューガルデン」主軸

     アンハイザー・ブッシュ・インベブ・ジャパンは、17年7月から「コロナ」の販売を開始した。現在、18年1月から扱うベルギー産の「ヒューガルデン」「ステラ」「レフ」…

  • 主要各社動向=アサヒビール 欧州主体に品揃え一新(2018.06.13)

     ●業務用でブランド育成始動

     アサヒビールは18年4月から「ペローニ・ナストロ・アズーロ」「ピルスナー・ウルケル」「グロールシュ・プレミアム・ラガー」といったグループメーカーのブランドの取り扱いを開始し、海外ビールのライ…

  • 主要各社動向=モルソン・クアーズ・ジャパン 新世代へ「ミラー」復活(2018.06.13)

     ●「ブルームーン」認知度アップ、導入店拡大

     モルソン・クアーズ・ジャパンは5月に米国産ビール「ミラー ジェニュインドラフト」の日本での販売を復活させた。20代から30代の“新バブル世代”に向け、苦みが少ない飲みやすさを…

  • 主要各社動向=小西酒造 多彩なラインアップ(2018.06.13)

     ●ベルギービール輸入30周年

     【関西】小西酒造は、今年でベルギービールの輸入、販売を開始して30周年という節目の年を迎える。海外ブランドビールの輸入、販売の約8割をベルギー産が占めているが、ドイツ、イギリスなどヨーロッ…

  • 主要各社動向=ユーラシア・トレーディング 個性や味わい積極訴求(2018.06.13)

     ●定期的に店頭での試飲会実施

     ユーラシア・トレーディングはベルギー産ビールを中心としながら、近年はアジアのブランドなどにもラインアップを拡大している。

     販売の主軸である小売店頭での試飲会を定期的に実施して…

  • 主要各社動向=リードオフジャパン 塩とライムで「テカテ」(2018.06.13)

     ●「デイ・オブ・ザ・デッド」ハロウィーンで拡販

     リードオフジャパンはメキシコ産「テカテ」を中心に展開している。メキシコ料理の世界遺産登録以降、増え続ける同国料理店を中心にしながら、幅広い業態への提案を続けていく。レスト…