日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東北つゆ特集2018.06.20 11718号 05面

中容量へシフト 1.8L特売日常化

印刷
Facebook
2018.06.20 11718号 05面

 東北は各県ごとに、さらに旧藩政の名残でより地域性のある料理が根付いている。多くは煮干し、焼き干し、椎茸、昆布などでだしを取っていた。長く食べられるように味付けも甘辛く、そんな煮物、鍋物が食卓にあった。今はどうだろうか。つゆ1本で麺はもちろんどんな料理にでも使え重宝がられている。家族が多い東北では大容量1.8L中心に市場を形成し、NBメーカー、地方メーカーの販売合戦もエスカレートしていった。598円が100円刻みで値下がりし、昨年あたりからは200円台が常時チラシに登場し、消・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=キッコーマン食品 バラエティー化に対応(2018.06.20)

     キッコーマン食品は昨年3月、本つゆを内容、ボトルともにリニューアルし、濃縮3倍が4倍となり、おいしさが増した。ボトルは押し出し式で使いやすくなった。柱商品であり、量販店側からも歓迎され、数字を押し上げた。

     ただ、東北支…

  • メーカー動向=だい久製麺 定番重視策変わらず(2018.06.20)

     だい久製麺の3月期は売上げ3%増だった。社名通りゆで・生麺が売上げの9割を占め、つゆは1割にすぎない。大手メーカーのつゆが今日ほどシェアが高くなく、地方メーカーが健闘していたころ、同社も濃縮4倍の「そばつゆ」とストレートの「そば屋の…

  • メーカー動向=ヤマサ醤油 激戦市場でトップ(2018.06.20)

     ヤマサ醤油仙台支店の12月期売上げは前年並み。ほかの夏物商品同様に8月以降の天候で動きが止まった。10月まで鈍い動きが続き暮れから盛り返し落ち込みをカバー、濃縮つゆは微減となった。つゆを容量別にみてみると1.8Lが1%減少し、1Lが…

  • メーカー動向=ワダカン 「極旨つゆの匠」に注力(2018.06.20)

     ワダカンの3月期決算概況は、売上げが44億2000万円、前年比2.4%減となった。商品別売上構成比では、醤油51%、つゆ・八方汁26%、味噌11%、たれ・酢5%、発酵調味料8%。伸びの顕著なのが料理酒・みりんタイプ調味料の発酵調味料…

  • メーカー動向=東北醤油 「味どうらくの里」売上げ12億円に(2018.06.20)

     東北醤油の3月期決算は、売上高は13億3000万円で微増、利益は減益となった。販売強化のため、拡売広告宣伝費などが増加した。

     商品別では、柱商品「味どうらくの里」が11億5200万円、白だし「かくし味」が1億1000万…

  • メーカー動向=ヤマキ 500mlPETに切り替え(2018.06.20)

     ヤマキ東北支店の3月期つゆ売上げは、前年比で若干の減少となった。夏場の天候不順や1.8Lの施策的な縮小が影響している。容量別では、1.8Lが3%減(構成比35%)、1Lが2%増(同20%)、400mlが1%減(同27%)だった。昨年…

  • メーカー動向=Mizkan 期待の「八方だし」順調(2018.06.20)

     Mizkan東北支店の2月期売上げは4%増で、ほぼ全社並みとなった。売上構成比はつゆ24%、食酢30%、その他となっている。昨年の東北のつゆ市場は夏場の天候不順で7月中旬以降振るわず、加えて1.8Lの大容量の縮小で5%弱落ち込んだと…