日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東北流通特集2018.08.08 11743号 08面

先が読めない複合競争時代到来 SM、地域でどう存在感示すか

印刷
Facebook
2018.08.08 11743号 08面

 「人が減り、世帯数も減っていく。これまで通りではやっていけないのは自明の理」。7月開催のユニバース会で三浦紘一社長はこう述べた。青森、岩手県の人口は2006年280万人いたのが18年251万人に減少した。しかし同社売上高は06年856億円が18年度1251億円の見込み。従前のやり方から脱却し、大胆な手を打ってきた証しだろう。だが、食品スーパー(SM)を取り巻く状況は一層厳しさを増し、かつての同質競争から、コンビニエンスストア(CVS)、ドラッグストア(DgS)さらにはネット・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事