日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

東北夏期特集2018.08.29 11754号 06面

品質重視の納豆づくり 大永商店・大沼賢治社長

印刷
Facebook
2018.08.29 11754号 06面

大沼賢治社長
大沼賢治社長

業界と一線を画す品質重視、ユニークな商品
業界と一線を画す品質重視、ユニークな商品

 宮城県南の柴田郡村田町に従業員12人の納豆メーカー・有限会社大永商店がある。“蔵のまち”として知られる静かな町で、1946年から納豆を造り続けてきた。もともとは精米、薪炭業を営んでいたが、戦後2代目社長の大沼永太郎氏が始めたもので、業界では後発組。しかしそれ故に同業者にない納豆づくりを追求してきた。全国納豆鑑評会で何度も上位受賞を果たしているのが証でもあろう。

 北海道の減農薬減化学肥料栽培グループと契約栽培した極小大豆スズマル、宮城県産ミヤギシロメなどを原料に100g350・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事