日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

冬季東北流通特集2018.12.10 11806号 06面

再び合従連衡時代へ 勝負分ける店舗活性化力

印刷
Facebook
2018.12.10 11806号 06面

 ●ポイント何倍セールがエスカレート

 人口が減少し、地域経済の疲弊も進む東北であっても小売業の激しい戦いは続き、業績は厳しさを増す一方だ。さらにコンビニエンスストア(CVS)、ドラッグストア(DgS)、ネット通販など買い物の選択肢が多様化し、過疎地の店舗だったとしても、地域住民はネットで商品を購入し、買い物行動は変化している。このため来店頻度、客数減少は避けられない時代に入っている。

 既存店の運営をどう維持していくのか。人件費、物件費などの諸経費は高騰し、特に今夏は猛暑で電気・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 大高善興会長 ヨークベニマル・大高善興会長 日々の計画・挑戦で局面打開(2018.12.10)

     ヨークベニマルの大高善興会長は、今期の経営環境について「東日本大震災後で、最も厳しい」と語る。上期は惣菜子会社のライフフーズ込みで10.2%の営業減益、既存店の売上げは0.9%減だった。異業種を含む競合の激化や人口減といった要因に加…

  • 山岸正治 開発本部長 みやぎ生協・山岸正治開発本部長 「BRANCH仙台店」開店(2018.12.10)

     昨年9月みやぎ生協は県庁、市役所が近い仙台市中心部に錦町店をオープンした。店舗デザイン、売場レイアウト、品揃えなどに加え、2階はカフェのような空間をつくり上げ、その斬新さが注目された。このコンセプトを継承し10月29日「BRANCH…

  • 旧Aコープを一新した店舗 みやぎ生協「A&COOP角田店」 Aコープ東北との共同2店舗目(2018.12.10)

     ◇総合力+独自商品力

     10月19日、Aコープ東北とみやぎ生協が共同で運営する「A&COOP角田店」がオープンした。両者の共同店は2015年10月の「同松島店」が1号店で、全国で初めて協同組合間で運営する店として注目され…

  • 佐々木智佳子社長 マックスバリュ東北・佐々木智佳子社長 生鮮強化、販促見直しなど推進(2018.12.10)

     マックスバリュ東北は厳しかった上期決算を踏まえ、店舗改革からMDまでを見直し業績回復に取り組む。出店エリアの東北4県は人口減が著しい環境にありながら、善戦している競合店があり、後塵を拝している。勝つためにはひとえに営業力強化であり、…

  • 基本合意について語る辻雅信支社長 イオンリテール東北カンパニー・辻雅信支社長 マックスバリュ東北と統合(2018.12.10)

     ●地域シェアナンバーワンへ 新物流網構築、小商圏対応も

     マックスバリュ東北、イオンリテール東北カンパニーは経営統合に向けて基本合意した。

     統合の背景としてイオングループは2017年12月、20年に向けた中…

  • ぎっしり詰め込み中身重視の弁当 記者の弁当道=「味どうらくの里弁当」 秋田産食材で中身もずっしり(2018.12.10)

     駅弁好きの記者にとって、こんな弁当が欲しかったと思うような駅弁だ。秋田県産米の味付けご飯、県産サケの漬け込み焼き、鶏肉の付け焼き、タケノコ、ニンジン、コンニャクなどの煮物がぎっしりの駅弁。東北醤油の万能つゆ「味どうらくの里」が使用さ…

  • 上田庄三社長 東北CGC・上田庄三社長 狭商圏、寡占化でも生き残りを(2018.12.10)

     東北CGCの現況は、8月現在で加盟企業11社、店舗数301店舗、年商合計4299億円。新店はマイヤ2店、マエダ2店、おーばんグループのうめや1店で合計5店舗。このほかユニバース、タカヤナギも改装に積極的で、効果も顕著とのことだ。出店…

  • 澤田司社長 ベルジョイス・澤田司社長 ソフト、ハード部門の統合順調(2018.12.10)

     2016年3月、ベルプラスとジョイスが合併し、さまざまな部門で統合が進んできた。乗り越えるバーは高かったが、岩手県内でのドミナンスとシェアを高めるためという目標へ課題をクリアしている。ビッグハウス(BH)というディスカウント業態とジ…

  • 高柳智史社長 タカヤナギ・高柳智史社長 新コンセプトで組織風土改革(2018.12.10)

     2016年10月の湯沢インター店から始まった新コンセプトに基づく店舗活性化は今年10月13日、横手婦気店の改装オープンで6店舗になった。同じユナイトホールディングスいとくの顧問の指導を受けて取り組んだ店舗は着実に実績を残している。組…

  • 塚本徹社長 いとく・塚本徹社長 “無機質なSM”と一線を画す(2018.12.10)

     いとくとタカヤナギがユナイトホールディングスを設立し、秋田県内で切磋琢磨しながら業績を伸ばしている。人口減少率が全国一の秋田県である。売る側の論理だけでは通用しない。全客対応で進んでいかなければSMは成立しないと、いとくの塚本徹社長…

  • 多くの集客が見込める商圏の盛岡みたけ店 注目の新店と活性化店舗=ユニバース盛岡みたけ店 42席のイートイン(2018.12.10)

     ユニバースは10月12日、「ユニバース盛岡みたけ店」をオープンした。日本たばこ産業盛岡工場跡地に新設された商業施設「アクロスプラザ盛岡みたけ」の核店舗で、隣接する旧店舗からの移転新築。旧店舗は2005年7月に同社37店舗目としてオー…

  • 今年、全面改装した婦気店 注目の新店と活性化店舗=タカヤナギ婦気店 改装に成功例導入(2018.12.10)

     ユナイトのタカヤナギは既存店活性化に力を入れている。2016年10月の湯沢インター店から始まり、昨年は大仙市の中通り店、飯田店、白銀店と続き、今年は由利本荘市の一番堰店、横手市の婦気(ふけ)店を改装オープンしている。婦気店は06年オ…