日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

穀粉・製菓原材料特集2018.02.09 11659号 10面

米粉輸出拡大 政府が後押し 特性生かした提案を

印刷
Facebook
2018.02.09 11659号 10面


 全日本菓子協会によると、17年の和生菓子(ようかん、まんじゅう、その他和菓子)の需要動向は大きな変化は見られず、生産数量、生産金額、小売金額とも横ばいだった。家庭内消費は堅調で、CVSなどにおける売上げも前年実績を維持している。贈答需要は依然として低迷しているが、前年実績との大きな変化は生じていない。

 盛業店で売上げ増が生じている半面、売上げ低迷に悩む小規模事業者も多く、事業者間の格差は一層拡大。また、後継者難による廃業が増加している。華やかな洋菓子業界と異なり、職人気質が・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 左から大泉裕樹事務局長、倉石知亜事務局次長、林美智香海外プロモーション事業課アドバイザー JFOODO 仏・米を起点に米粉普及 オールジャパンでプロモーション(2018.02.09)

     農林水産物の輸出拡大を後押しするため、政府は昨年4月、日本貿易振興機構(JETRO)内に「日本食品海外プロモーションセンター」(JFOODO=ジェイフードー)を新たに設置した。日本産の農林水産物・食品のブランディングのために、オール…

  • 和菓子のグルテンフリー化 大手企業も対応スタート(2018.02.09)

     ●コスモバイタル 特殊加工米粉のヴィスカム活用

     【関西】訪日外国人増加を背景に、注目されるグルテンフリー。パンや洋菓子では商品開発が進んでいるが、小麦粉を使用する和菓子も多く、大手企業の間で対応がスタートしている。ポイ…

  • 展示会では和栗と同品種の韓国栗を使用した「蒸し栗ペースト」を紹介 主要メーカー動向=正栄食品工業 「マロンペースト」に注力(2018.02.09)

     正栄食品工業は昨年、設立70周年を迎え、東証1部への上場を果たした。「輸入・生産・販売」を3本柱に、原料調達から生産・加工、流通・販売まで一貫した機能を強化。変化するニーズに的確に応えている。

     製菓原料については今年、…

  • 主要メーカー動向=山眞産業 自然原料由来夏向け新素材を提案(2018.02.09)

     【中部】製菓原材料製造・卸で桜食材をはじめ四季折々のスイーツ素材を扱う山眞産業は、夏向けの新たな素材として、着色料無添加で澄んだ青や赤の色彩を飲食店メニューに加える自然原料由来の「ブルーハーブ」と「レッドハーブ」を今年2月から、業界…

  • 冷凍食品工場 主要メーカー動向=廣八堂 ISO22000、FSSC取得(2018.02.09)

     【九州】廣八堂では17年8月、本社工場、鹿児島工場を含めてISO22000、ハードルの高いFSSCを取得した。本社工場内の冷凍食品工場も順調に稼働し、業容拡大に対応している。

     冷凍食品工場では従来の生産能力と比べて2倍…

  • 主要メーカー動向=みたけ食品工業 「もち麦とキヌアの十穀ごはん」発売(2018.02.09)

     みたけ食品工業は、創業以来「穀物天然素材の可能性」を追求している。昨年はもち麦と玄米から作った「もち麦甘酒」を発売。グルテンフリー製品も充実している。

     新製品では「もち麦とキヌアの十穀ごはん」(写真)を発売した。食物繊…

  • 主要メーカー動向=群馬製粉 シンガポールで「玄米粉」が好評(2018.02.09)

     群馬製粉は、訪日外国人の増加に伴い、14年にハラール認証を取得。ホテルやレストラン、和洋菓子店はもとより、ハラール向け食品を製造する企業に向けて米粉やきな粉、コーヒー粉末などを提供するほか、輸出も視野に入れている。

     昨…

  • 全国穀類工業協同組合 黒田寛理事長 全国穀類工業協同組合・黒田寛理事長 「原料米」対策が最大の課題(2018.02.09)

     「和菓子店の軒数が減る一方で、全国には元気のよい和菓子屋があり、正直心強く感じている」と話すのは、全国穀類工業協同組合の黒田寛理事長。代表をつとめる日の本穀粉が昨年、創業130年を迎え、これまでお世話になった和菓子店を回る中での感想…