日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

焼肉のたれ特集2018.06.13 11714号 06面

焼肉シーン活性化へ 多様化するニーズ対応 BBQ、プルコギがトレンド

印刷
Facebook
2018.06.13 11714号 06面

最近では煙が出ないホットプレートが人気。家庭における「焼肉」のハードルも下がっている
最近では煙が出ないホットプレートが人気。家庭における「焼肉」のハードルも下がっている


 17年の焼肉のたれ市場は、数年来の肉ブームや「バーベキュー」「プルコギ」などのトレンドがけん引し、全体的に好調だった。肉ブームの中では赤身肉人気が定着。その恩恵を最も受けているのが、ステーキソースだ。調味料の中でも堅調で、牛肉単価が上昇しているにも関わらず、販売数量が伸びている。焼肉は、ある程度人数が集まって食べることが多く、バーベキューやキャンプなどのレジャー向けに大容量が売れている実態もある。

 肉メニューの食卓登場頻度は依然高く、今日はさっぱり食べたいといった嗜好(しこ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 右から「黄金の味中辛」「たまねぎのたれ」「プルコギのたれ」 メーカー動向=エバラ食品工業 知見生かして肉情報発信(2018.06.13)

     エバラ食品工業の18年3月期は、主力の「黄金の味」がリニューアル品の市場浸透の遅れで、出荷ペースが計画より低い水準で推移した。

     「焼肉のたれ」「おろしのたれ」は前年を上回る水準で推移、ポーション調味料はラインアップを拡…

  • 和風BBQたれ メーカー動向=キッコーマン食品 ファミリーユーザー育成(2018.06.13)

     キッコーマン食品は前3月期、「わが家は焼肉屋さん中辛」「同 甘口」の基幹商品の好調や商品のバラエティーを広げたことで微増で着地。店頭での取扱いアイテム数が増えベースアップが図れた。ステーキしょうゆは2桁近く伸長した。18年は新商品「…

  • 「焼肉のたれ・宮殿」 メーカー動向=日本食研 「宮殿」新TVCMを展開(2018.06.13)

     【中国】日本食研は、たれの業務用市場では最大手として位置付けられ、市販用と合わせ約40%のシェアを占める。同社は、10年に家庭用の主力ブランド「晩餐館・焼肉のたれ」をリニューアルし、“焼肉のおいしさ”をあらためてアピールするとともに…

  • 焼肉のたれ中辛 メーカー動向=ダイショー 秘伝焼肉のたれなど好調(2018.06.13)

     【九州】ダイショーは昨年度決算で売上高200億円を突破し、一つの大台を超えた。特に、同社はたれ類が強く業務用分野での伸びが特徴的だ。

     17年度は「焼肉のたれ」の販売実績は19億5300万円で、前年比3.4%増とまずは好…

  • 39周年でサンキューの限定パッケージを採用した「ジャン 焼肉のたれ」 メーカー動向=モランボン 「ジャン」39周年限定パッケージ採用(2018.06.13)

     モランボンは今期の焼肉市場で五感を刺激するシーンに合わせた「感じる焼肉」を提案し前年比2~3%増を目指す。

     「ジャン 焼肉のたれ」は発売39周年を迎え、2月以降80g、240g、400gで特別限定パッケージを採用してき…

  • 国産にんにく 焼肉のたれ メーカー動向=盛田 国産たれ、今後も開発推進(2018.06.13)

     【関西】盛田は今春、「国産たまねぎ 焼肉のたれ」を発売した。同品の最大の特徴は、甘みが強い淡路島産の粗おろし玉ネギを同社独自の製法で煮込んで、さらに甘みを引き出した点にある。リンゴ果汁など厳選した国産素材を使用し、化学調味料無添加で…

  • 醤油屋の焼肉のたれ味衣濃厚みそ甘口 メーカー動向=宮島醤油 映画協賛で商品アピール(2018.06.13)

     【九州】宮島醤油は醤油、味噌の基幹商品から現在ではつゆ、たれ、レトルト食品など総合的な加工調味料メーカーとしての歩みを進めている。特に業務用調味料の世界では販売先は全国に及び、その製造の中心は本社、唐津の妙見工場で、新設当初から何度…

  • 新商品の健骨醤油3品 メーカー動向=上北農産加工 スタミナ源たれ「タレ総選挙」1位に(2018.06.13)

     【東北】上北農産加工は昨年6月から株式会社となり、自由度が増したとして営業力強化、商品開発に力を入れている。昨年は台湾の流通業者と代理店契約を結び、海外市場にも力を入れてきた。台湾では青森県産リンゴ生果、ジュースで先行して開拓が図ら…