日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

片栗粉特集2018.10.03 11774号 07面

値上げの影響色濃く 需要1割減か 大容量品の投入など消費拡大が課題

印刷
Facebook
2018.10.03 11774号 07面



 片栗粉の原料であるバレイショでんぷんの工場が、今年も北海道で操業を開始した。9月6日に北海道を襲った地震で工場は一時ストップしたが、その後はすべての工場で稼働を再開。生産の始めだったため影響は軽微で済み「不幸中の幸い」だった。ただ、流通の正常化に時間がかかり、原料が1週間たっても入ってこないメーカーもあった。石油不足による配送トラックの燃料規制や、工場のボイラーによる乾燥作業への影響も懸念され、いまだ心配は払拭(ふっしょく)できていない。(三井伶子)

 ●原料事情

 18年産北・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事