日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

穀粉・製菓原材料特集2019.02.18 11837号 07面

穀粉生産量、「だんご3兄弟」ブームから半減

印刷
Facebook
2019.02.18 11837号 07面


 和菓子などに使用される米穀粉の18年生産量は、前年比1%減の9万3956tとなった。上新粉が3.4%減の4万5643t、もち粉が0.7%増の9663t、白玉粉が8.1%減の4821t、寒梅粉が0.1%減の1534t、らくがん粉・みじん粉が4.1%増の984t、だんご粉が12.3%増の1310t、菓子種が3.6%増の2506t、新規米粉が3%増の2万7495tだった。米穀粉生産量(新規米粉除く)は、1999(平成11)年の「だんご3兄弟」ブーム時に13万5000tあったが、現・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 焼き栗パイ 主要メーカー動向=正栄食品工業 「焼き栗ペースト」新発売(2019.02.18)

     ●商品アイテム強化 サツマイモの加工も

     正栄食品工業は食材専門商社として、原料調達、生産・加工、流通・販売の一貫した機能を強化している。輸入・国内仕入れに加えて国内外に9ヵ所の工場があり、食品メーカーとしての事業も行う…

  • 主要メーカー動向=日の本穀粉 国産米粉を世界へ普及(2019.02.18)

     ●フランス向けなど 海外事業室を新設

     日の本穀粉は1月、本社営業部を東京都文京区からさいたま市大宮区に移転した。営業部は首都圏、関東から東北、新潟までカバーし、アクセスを含めた利便性から現在の場所に構えた。

  • 主要メーカー動向=山眞産業花びら舎 地産品原料を強化(2019.02.18)

     ●蒲郡産「温州みかん」ペーストなど好評

     【中部】山眞産業花びら舎は、「桜に続く四季折々の花や葉(ハーブ)と特色ある地産農産物のスイーツ素材を開発提案し、新たな市場を創造」を中期ビジョンの一つに掲げる。現在は夏向けに提案…

  • 冷凍食品工場 主要メーカー動向=廣八堂 洋風料理にも活用(2019.02.18)

     ●わらび粉製造設備強化

     【九州】廣八堂では近年、生産設備の質的向上を目指して、本社工場、鹿児島工場を含めて、ISO22000、FSSC22000を取得している。

     さらに本社工場敷地内に冷凍食品工場を建設し…