日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

昆布茶特集2017.10.06 11602号 06面

新たな魅力訴求で市場拡大目指す 「昆布茶生誕100周年」に向け

印刷
Facebook
2017.10.06 11602号 06面

飲用需要の再興が真の市場拡大の鍵を握る
飲用需要の再興が真の市場拡大の鍵を握る


 “最古のインスタント飲料”として知られる昆布茶は最需要期を迎えている。30~50代のヘビーユーザーに支えられている成熟市場だが、近年は本来の飲用需要に加え、料理用途の拡大、加工用途やインバウンドを含めた海外需要など、新たな展開も進む。飲用需要を喚起する「熱中症対策」を絡めたアイス飲用訴求やSNSを通じたレシピ提案など、若年層をはじめ新たなユーザー獲得に注力し、さらなる市場活性化や昆布茶の魅力や価値の発信を行い、来る「昆布茶生誕100周年」を盛り上げ、市場の拡大を図る。(本吉・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 飲用動向=市場活性化に欠かせず 熱中症対策や美容・健康志向派に(2017.10.06)

     最近は、さまざまな用途で使用される昆布茶だが、“最古のインスタント飲料”と呼ばれるように、飲用需要の再興が市場活性化に欠かせないファクターだ。昨年から展開した玉露園食品工業の増量キャンペーンや各社の取組みが奏功し、休眠ユーザーの掘り…

  • 調味料としての利用やレシピ提案から「昆布茶」の魅力や価値の認知も進む 料理用途=家庭内や業務用に拡大 うまみ生かしたレシピ提案など(2017.10.06)

     鍋料理などの隠し味や主要調味料としての用途に加え、SNSなどでのレシピ提案など、昆布由来の「うまみ」を生かした料理用途は、和食に加え、パスタなどの洋食やスイーツにも使用されるなど、家庭内や業務用で、さまざまな広がりを見せている。加え…

  • 主婦100人にアンケート 5回連続認知率100% アイス飲用の浸透進む(2017.10.06)

     日本食糧新聞では食品スーパーなどで頻繁に買い物をする主婦層を対象に、昆布茶について任意の書面・口頭アンケートを定期的に実施し、本特集で結果を発表している。今回は、昆布茶本来の飲用(非調理)需要の実態分析の参考とするため、東北・関東・…

  • 主要メーカー動向=不二食品 認知度アップへPR(2017.10.06)

     ●「不二の昆布茶」誕生60周年

     【関西】不二食品の「不二の昆布茶」が9月に誕生60周年を迎えた。同社ではこれを記念し、各種イベントでの試飲・試供品配布とレシピ販促物への記念ロゴ掲載などでさらなる認知度アップにつなげてい…

  • 主要メーカー動向=錦城食品 安定した販売を維持(2017.10.06)

     ●用途拡大、調味料としても

     【関西】お城のマークの錦城食品の主力商品は「昆布茶」(70g)、「梅こんぶ茶」(60g)、「根こんぶ茶」(55g)の各缶入りと、顆粒(かりゅう)スティックタイプの「昆布茶」「梅こんぶ茶」、ス…

  • 主要メーカー動向=日東食品工業 業務用ルートを強化(2017.10.06)

     ●料理用商品群の開発に注力

     【中国】日東食品工業の17年8月期の昆布茶売上高は、ほぼ前年並みでの着地となった。新商品投入や料理への利用促進を図った地道な提案営業などが奏功した。

     同社の昆布茶シリーズは、定…

  • 主要メーカー動向=玉露園食品工業 若年へアプローチも(2017.10.06)

     ●時代に合わせた魅力の発信

     1916(大正5)年の創業を誇る昆布茶最大手の玉露園食品工業は、品質にこだわりながら、1世紀にわたり、市場をリードし、昆布茶の価値や魅力を時代の変遷にあわせ、伝え続けている。創業から100周…