日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

紅茶特集2018.02.21 11664号 07面

明るい兆し 「紅茶感」を訴求活発な製品投入

印刷
Facebook
2018.02.21 11664号 07面

 緩やかに下降を続けていた紅茶市場に光が差し始めている。前年比で見れば、微減傾向は続くが、インバウンド需要に端を発する「ロイヤルミルクティー」(三井農林)や紅茶の周辺領域を中心とするインスタント製品の好調に加え、こだわり系と呼ばれるプレミアムティーバッグの伸長やフルーツ&ハーブ製品の増加など、明るいニュースが続く。

 この春夏は各社からインスタントティーやリキッドなど、手軽に本格的な紅茶を楽しめる製品投入が活発化している。紅茶感のあるアイス飲用提案など、ロイヤルユーザーに加え、・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=三井農林 アイス飲用アピール(2018.02.21)

     ●ブランド認知拡大で新規ユーザー獲得

     三井農林はこの春夏、アイス飲用を訴求するインスタント(パウダー)とリキッドを中心に活発な製品投入を行う。紅茶ユーザーはもちろん、普段紅茶を飲まないユーザーとのタッチポイントを増やし…

  • メーカー動向=ユニリーバ・ジャパン 冬の新たな楽しみ方(2018.02.21)

     ●「Lipton Good in Tea」アレンジ提案

     ユニリーバ・ジャパンが展開する世界最大の紅茶ブランド「リプトン」は、新たな紅茶のスタイルや楽しみ方の提案に注力する。冬の新たな紅茶スタイルの提案として、太陽の恵み…

  • メーカー動向=キーコーヒー アイスティー投入(2018.02.21)

     ●「サー・トーマス・リプトン」 ユニリーバと協業

     キーコーヒーは、紅茶ブランドのプレミアムシリーズ「サー・トーマス・リプトン」からプレミアムアイスティー「サー・トーマス・リプトン アイスティー」(1000ml)を3月1…

  • メーカー動向=トワイニング・ジャパン 間口の拡大目指す(2018.02.21)

     ●アールグレイ「アロマ」訴求

     トワイニング・ジャパンは、紅茶の香りで魔法にかけたように気持ちをワクワクさせる、というブランドコンセプトを訴求し、「アールグレイ」に特化した取組みをさらに進める。

     ストレス社…

  • メーカー動向=名糖産業 好調「スティックメイト」(2018.02.21)

     ●デザートの素も注力

     【中部】名糖産業の今期(17年4月~18年1月)粉末飲料部門売上げは前年比9%増で推移している。特に「スティックメイト」シリーズが全体をけん引。4種類のフルーツティーが楽しめる定番の「Fアソート」…

  • メーカー動向=森永乳業 1L紙パック配荷増(2018.02.21)

     ●若年層開拓へキャンペーン

     森永乳業のチルド紅茶飲料「リプトン」の17年4~12月販売実績は、前年やや割れで推移している。中容量(紙パック500ml)が8~9%減だったが、大容量(同1L)はCVSでの配荷が増え、同4~…