日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

コーヒー・コーヒー用クリーム特集2018.02.28 11667号 08面

伸長する家庭外飲用を家庭内へ 試金石の夏

印刷
Facebook
2018.02.28 11667号 08面

各社とも「アイス飲用」の価値向上や訴求に知恵を絞るこの春夏季
各社とも「アイス飲用」の価値向上や訴求に知恵を絞るこの春夏季


 伸長を続けていたコーヒー市場は17年、その勢いが一服した形となった。加速する共働き世帯や少数世帯の増加などの社会環境の変化を背景に、家庭内でのコーヒー飲用が減少し、リテール(家庭用コーヒー市場)は前年割れとなったもようだ。家庭内の消費構造や家庭外での消費機会の増加という変化が起きている。この春夏季は、伸長する家庭外での飲用ニーズの取り込みを図りながら、減少傾向にある家庭内での飲用を訴求する製品投入やコミュニケーションを各社とも展開する。「スティック」や「アイス飲用」「コーヒ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • バナナ+コーヒー=バナナラテ 家庭で楽しむコーヒーアレンジ「バナナラテ」(2018.02.28)

     柔らかな日差しが続くなど、季節は春へと進んでいる。そんな季節の歩みを先取りし、本特集では、春夏のシーズンに向けた各社の製品にスポットを当てているが、まだまだ寒い日は続く。そんな寒い日にこそ家庭で飲みたいコーヒーの楽しみ方を、当社が運…

  • ワタル・小澤志朗顧問に聞く コーヒー生豆国際市況(2018.02.28)

     コーヒー生豆国際市場の昨年の総括と今年の相場の状況や展望をワタルの小澤志朗顧問に分析してもらった(2月19日現在)。

     ◇ブラジル・ベトナムの増産、確定的 明るい需給見通し、天候な…

  • 大手メーカー今春夏の戦略=味の素AGF(2018.02.28)

     ●家庭外飲用取り込みに注力 アイス需要対応、スティック強化

     味の素AGF(AGF)は、この春夏、伸長する「アウトホーム(家庭外)飲用の取り込み」などに注力し、アイス飲用やスティックなどのラインアップ強化を図る。

  • 大手メーカー今春夏の戦略=UCC上島珈琲(2018.02.28)

     ●「家淹れ」のスタイルを提案 新形状採用した小型PET投入

     UCC上島珈琲は18年、家庭でコーヒーを楽しむシーンを拡充するため「家淹(い)れコーヒー」というライフスタイルを提案していく。春夏は、アイス用レギュラーコーヒ…

  • 大手メーカー今春夏の戦略=ネスレ日本(2018.02.28)

     ●3本の戦略軸でさらなる拡大へ

     ネスレ日本は、この春夏、共働き世帯の増加による家庭外の消費拡大など、消費者や社会の変化に三つの軸で取り組む。「ウェルネス」「パーソナル」「プレミアム」だ。各施策に基づくコミュニケーション…

  • 大手メーカー今春夏の戦略=キーコーヒー(2018.02.28)

     ●「トアルコトラジャ」40周年迎え進化図る 「本格追求」掲げアイス商材刷新

     キーコーヒーは、18年に発売40周年を迎えた「トアルコ トラジャ」に注力し「より価値を高め、より選ばれる存在へ」の進化を図る。加えて「より香り…

  • コーヒー各社動向=片岡物産 「ラバッツァ」好調、全国展開へ(2018.02.28)

     片岡物産は今春、イタリアナンバーワンコーヒーブランド「ラバッツァ」の日本国内での浸透を加速させる。昨秋から展開する関東地区限定での先行販売が好調に推移し、その販売エリアを全国に拡大する。西日本をはじめ、各地で導入が進んでいるという。…

  • コーヒー各社動向=石光商事 コーヒーバッグが順調(2018.02.28)

     【関西】石光商事の18年3月期第3四半期業績は、コーヒー・飲料部門の売上高が97億6100万円(前年比0.7%増)で着地した。

     コーヒー生豆は品質に特化したオリジナルプレミアムコーヒーの開発提案を積極的にすすめ、売上高…

  • コーヒー各社動向=日本珈琲貿易 カフェインレスに注力(2018.02.28)

     【関西】日本珈琲貿易の17年10月期売上高は、コーヒー事業、輸入食品事業ともに堅調で、前年比5%増、増収増益で着地した。今期は前期に引き続き、売上高100億円を目指す。

     前期、コーヒー事業ではカフェインレス生豆カテゴリ…

  • コーヒー各社動向=小川珈琲 ブランド認知向上へ攻勢(2018.02.28)

     【関西】小川珈琲の単体での18年8月期第2四半期(12~2月)売上高は、前年比微増、利益はやや厳しくなる見通し。直営店事業では店舗の見直しを実施した。同社はコーヒー市場の縮小均衡に備えて、ブランディングによる攻めの方針を展開し、3ヵ…

  • コーヒー用クリーム動向=価値ある新提案で市場活性化(2018.02.28)

     17年度のコーヒー用クリーム市場は前年比8~9%減で推移している。近年のカウンターコーヒーの拡大やブラック飲用の定着、手軽なスティックタイプに消費が移るカテゴリーシフトなどもあり、市場は縮小傾向にある。シェアは金額ベースで森永乳業「…