日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

茶系飲料特集2018.04.30 11695号 07面

激戦続く 緑茶・麦茶・ほうじ茶伸び顕著で過去最高実績へ

印刷
Facebook
2018.04.30 11695号 07面

「綾鷹 茶葉のあまみ」発売記念イベント
「綾鷹 茶葉のあまみ」発売記念イベント


 18年も「茶系飲料」市場は激戦が続く。消費者の高まる健康志向を背景に、特に「無糖茶」カテゴリーの伸長が活発化している。各社の主力ブランドがしのぎを削る「緑茶」では、あの手この手で「緑茶」戦線の勝ち残りを図り、知恵を絞る。この激しい切磋琢磨の中で、季節商材から年間商材へと存在感を高めた「麦茶」は止渇性に秀でた特徴やカフェインレスという点が老若男女に支持され、躍進を続ける。「麦茶」を筆頭に「ほうじ茶」などの特徴である「香ばしさ」や「香りの高さ」はここ最近のトレンドになりつつある・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事