日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

コーヒー・コーヒー用クリーム特集2018.09.03 11757号 08面

さらなる成長へ歩み 簡便・時短ニーズ対応

印刷
Facebook
2018.09.03 11757号 08面

コーヒーを通じたコミュニケーションや気分転換、安らぎなど、カラダとココロの健康に寄与する飲料としての定着が進むコーヒー
コーヒーを通じたコミュニケーションや気分転換、安らぎなど、カラダとココロの健康に寄与する飲料としての定着が進むコーヒー

コーヒー文化の普及発展を目指す「Life with Coffee」フォトコンテストなど情報発信も活発化している=昨年の表彰式から
コーヒー文化の普及発展を目指す「Life with Coffee」フォトコンテストなど情報発信も活発化している=昨年の表彰式から

 家庭用コーヒー市場に新たな変化が起きている。まずは「購入チャネル(買い場)の変化」だ。メーンの購入チャネルだった食品スーパー(SM)や総合スーパー(GMS)での売上げが減少する一方で、電子商取引(EC)チャネルや専門店での購入ユーザーや販売金額が拡大しているという。とはいえ、まだまだSMやGMSでのボリュームは大きいが、ユーザーの新たな変化の一つといえるだろう。そして、共働き世帯増加による「簡便化・時短ニーズや家庭外飲用の拡大」だ。今秋冬も大手メーカー各社から「スティック」・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 「女性にコーヒーブレイクを贈る日」キャンペーン(2018.09.03)

     全日本コーヒー商工組合連合会(萩原考治郎代表理事会長)は、10月1日の「コーヒーの日」の認知拡大やコーヒーの消費振興を目的に「女性にコーヒーブレイクを贈る日」をテーマにプレゼントキャンペーンを実施している。今年で8回目を迎える同キャ…

  • ワタル・小澤志朗顧問が分析 コーヒー生豆内外市況(2018.09.03)

     コーヒー生豆国際市場の今年上期の相場の状況や今後の展望をワタルの小澤志朗顧問に分析してもらった(8月22日現在)。

     ◎ブラジル新豆の記録的増産で下落 生産増が消費増を圧倒

  • 大手メーカー今秋冬戦略=ネスレ日本 3つの柱で新提案(2018.09.03)

     ●「バリスタ」「ドルチェ グスト」 普及拡大図る

     ネスレ日本は秋冬、消費者や社会の変化に「パーソナル」「プレミアム」「ウェルネス」の三つの柱で対応する。新型マシン投入や新製品提案など、さらなる成長拡大を目指す。

  • 大手メーカー今秋冬戦略=キーコーヒー 1杯の充実掲げる(2018.09.03)

     ●より価値高めて幅広く

     キーコーヒーは、秋冬新製品開発テーマとして「1杯の充実」を掲げる。手売りチャネルからECチャネルへシフトが進む買い場の変化や、共働き世帯増加による家庭外飲用の増加など、多様化するコーヒー商戦へ「…

  • 大手メーカー今秋冬戦略=味の素AGF パーソナル化促進(2018.09.03)

     ●スティック中心に注力

     味の素AGFは、「スティックを中心とした“パーソナル化の促進”」に注力する。スティックをコアに、インスタントコーヒー(IC)、レギュラーコーヒー(RC)の各飲用オケージョンに対応した製品提案で、…

  • 大手メーカー今秋冬戦略=UCC上島珈琲 選択する楽しみを(2018.09.03)

     ●焙煎、飲用習慣など訴求

     UCC上島珈琲は、消費者の嗜好(しこう)や飲用オケージョンなどを調査し、各セグメントでニーズが異なることを再認識したという。秋冬は、焙煎(ばいせん)技術を駆使した「UCC ROAST MAST…

  • コーヒー各社の動向=片岡物産 原料・産地を追求(2018.09.03)

     ●「モンカフェ マイルドブレンド」刷新で拡大図る

     片岡物産は、「モンカフェ」ブランドを包装・形態の独自の強みから、原料・産地にもこだわるブランドへと進化を図る。「モンカフェ マイルドブレンド」(10P)と「モンカフェ …

  • コーヒー各社の動向=日本珈琲貿易 通販需要に手応え(2018.09.03)

     ●「バリアラビカ神山」好調

     【関西】日本珈琲貿易の18年10月期は、相場の下落や6、7月の天災の影響があるが、目標売上高100億円に近い売上げを見込む。

     同社のコーヒー事業では、約5年前からカフェインレス…

  • コーヒー各社の動向=石光商事 品質提案など奏功(2018.09.03)

     ●コーヒーバッグ 国内外で展開進む

     【関西】石光商事の19年3月期第1四半期のコーヒー・飲料部門業績は売上高32億1700万円(5.8%増)。前期に引き続き、プレミアム品を中心とした品質提案に努めたコーヒー生豆は18.…

  • コーヒー各社の動向=小川珈琲 再成長への一歩を(2018.09.03)

     ●生産者・消費者双方にブランド浸透

     【関西】小川珈琲の18年8月期は、気候変動の影響もあったが単体では微増。家庭用ではレギュラーコーヒー(RC)は前年並み、ドリップ・飲料は前年比4%増。直営店は店舗を集約し減少。新中期…

  • 厳しい逆風が続くICP市場。多彩な切り口で飲み方・食べ方を提案 コーヒー用クリーム動向=価値ある提案強化、需要喚起を(2018.09.03)

     家庭用のコーヒー用クリーム市場は、18年度直近4~7月まで物流・金額とも前年割れで推移している。中でもインスタントクリーミングパウダー(ICP)は、関連するインスタントコーヒー(IC)のトレンドに引っ張られ、厳しさが見られる。嗜好(…