日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

紅茶特集2018.09.14 11763号 05面

インスタント伸長 「紅茶を飲む」理由を訴求、成長基調へ

印刷
Facebook
2018.09.14 11763号 05面

 紅茶市場は、嗜好(しこう)飲料として、安定するが、緩やかな減少傾向が続く。ただ、明るい兆しもある。ここ数年、減少が続いていたボリュームゾーンのインスタント(粉末)製品の伸長だ。カフェクオリティーの味わいを手軽に味わえる簡便性などが支持されているもようだ。対前年で見ると、微減傾向にあるが、産地系などのこだわり系と呼ばれるティーバッグも伸長している。今後は、「紅茶と健康」「紅茶を楽しむ飲用シーン」提案など、紅茶が持つ魅力や価値を訴求しながら、「紅茶を飲む」理由を明確にし、若年層・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • メーカー動向=森永乳業 紅茶の魅力、価値を訴求(2018.09.14)

     ●新製品提案 チルド市場活性化図る

     森永乳業はチルド紅茶飲料「リプトン」を今秋冬、使用する茶葉量を増やし、紅茶の香りやコクを高めた「グレープティー」を投入。さらに、おいしさを担保した健康性を訴求する“希少糖”使用などの…

  • メーカー動向=トワイニング・ジャパン 「アロマ」にこだわり(2018.09.14)

     ●日常の緊張やストレスから解放

     トワイニング・ジャパンは今秋冬、新たな新製品を投入する。“アロマティックティー”「トワイニング アップル」「同 ピーチ&オレンジ」(10P)と“ラージリーフティーバッグ”「エキゾチック …

  • メーカー動向=名糖産業 需要期に向け生産増強(2018.09.14)

     ●「スティックメイト」シリーズけん引

     【中部】名糖産業の前期(18年3月期)粉末飲料売上げは前年比6%増で着地した。特に「スティックメイト」シリーズが全体をけん引。4種類のフルーツティーが楽しめる定番の「Fアソート」、…

  • メーカー動向=三井農林 インスタントに注力(2018.09.14)

     ●「和素材」製品投入で品揃え強化

     三井農林は今秋冬、好調に推移するインスタント(粉末)製品に最注力し、ラインアップの強化を図る。そのキーワードは「和素材」だ。加えて、昨年から展開する紅茶のプレミアムライン「ORIENS…

  • メーカー動向=ユニリーバ・ジャパン 「イエローラベル」一新(2018.09.14)

     ●リプトン 新コミュニケーション展開

     ユニリーバ・ジャパンが展開する世界最大の紅茶ブランド「リプトン」は今秋、全世界でブランドコミュニケーションを刷新する。若い世代に向けた新たなコミュニケーション「LIVE AWAKE…