日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

三井製糖、「パラチノース」で砂糖産業拡大へ2014.12.17 11113号 16面

三井製糖・飯田雅明代表取締役社長CEOに聞く

印刷
Facebook
2014.12.17 11113号 16面

代表取締役社長CEO 飯田雅明氏
代表取締役社長CEO 飯田雅明氏

 砂糖市場が低迷傾向にある中、国内最大手として業界をけん引する三井製糖。リーディングカンパニーとして再興のシナリオを常に模索し、技術力・開発力・営業力を生かした活性策を推進している。製糖メーカーとして訴求する「スローカロリー」の意義とは何か。新ジャンル創造と既存市場の底上げの両立を図る同社の思いを、飯田雅明代表取締役社長CEOに聞いた。

 ●砂糖業界活性化のために 供給体制、万全化目指す

 「パラチノース」の販売は一見、砂糖を否定し、砂糖と競合するかのようにみえますが、実は全く逆・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 次世代型糖の形“スローカロリー”(2014.12.17)

     甘いものを、おいしいものを、“健康的”に楽しもう---三井製糖が啓発する「スローカロリープロジェクト」が注目されている。生活習慣病予防に対して、従来までの主流だったカロリーの「量」に注目するだけではなく、消化吸収スピードというカロリ…

  • パラチノース配合の応用商品。医療・菓子・一般食品と極めて多岐にわたる 広がるジャンル、応用製品続々と(2014.12.17)

     砂糖と混合するだけで、飛躍的に商品価値を向上させる「パラチノース」。社会的なニーズ増は確実なだけに、スローカロリープロジェクト賛同企業や応用製品も増加中だ。

     プロジェクト賛同商品の例として、キユーピーの病態対応食でたん…

  • 各種研究成果や論文発表で高い評価を得ている 食の楽しさを支援 カロリーの「質」に着目(2014.12.17)

     「スローカロリー」とは糖質の小腸での消化吸収速度が遅いことを示す造語で、同社は07年から「パラチノース」を通じた研究活動を続け、主に医療分野でスローカロリーの普及活動を実施して来た。スローカロリーを活用した高付加価値食品の開発を賛同…

  • パラチノースを配合した「スローカロリーシュガー」。次世代型糖として注目を集めている パラチノースって?(2014.12.17)

     ●砂糖の“きょうだい” 消化吸収速度5分の1

     砂糖を原料として作られる天然の糖質。自然界では、はちみつの中に微量に含まれている。甘さは砂糖の約半分だが、砂糖に似たすっきりとした味質を有する。特定保健用食品の虫歯になりに…