日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マックスバリュ北海道経営戦略特集2018.10.30 11786号 01面

新時代の変化に挑戦 2000億円目指す

印刷
Facebook
2018.10.30 11786号 01面



 【北海道】イオングループの道内食品スーパー(SM)、マックスバリュ北海道は、主力SM業態のマックスバリュとディスカウントストア(DS)業態のザ・ビッグを旗頭に全道89店舗を展開している。2018年2月期決算では売上高1259億5100万円(前年比2.2%増)と4期連続の増収で、過去最高売上げを記録。道内のSMではコープさっぽろ(2820億円)、アークスグループのラルズ(1279億円)と肩を並べる3強の一角だ。当面の目標に「売上高2000億円の道内食品スーパーナンバーワン」を・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 出戸信成社長インタビュー プラス成長続く快進撃(2018.10.30)

     食品SMの販売不振が続く中、マックスバリュ北海道は、2010年9月から消費増税による駆け込み需要で影響が出た15年3月を除き、今年4月まで7年7ヵ月連続で既存店前年同月を上回るプラス成長を続けてきた。快進撃を支えているのは、スローガ…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=食品スーパー・鈴木秀康氏(2018.10.30)

     マックスバリュ北海道の全役員に登場してもらい、各セクションの主な取組みやテーマ、基本スタンス、課題、戦略などを聞いた。

     ◇取締役SM営業本部長・鈴木秀康氏

     ●テーマ…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=食品スーパー・國保明宏氏(2018.10.30)

     ◇取締役SM商品本部長・國保明宏氏

     ●リアル店舗こその感動を

     今年度最大の取組みテーマは、商品力の強化と販売力を、いかに上げていくかです。これを実行するための大きな柱として「大型改装」と「新店」があります…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=開発・水谷和彦氏(2018.10.30)

     ◇取締役開発本部長・水谷和彦氏

     ●整合性ある出店戦略 地域シェア確保へ

     開発本部は大きく三つの部で構成しています。開発不動産部では主に地権者やオーナー交渉などの不動産(土地・建物)の確保。建設部は器具備品…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=DS・土井育雄氏(2018.10.30)

     ◇取締役DS事業本部長・土井育雄氏

     ●オペレーション重要 小型店の実験推進

     当社のディスカウントストア(DS)業態「ザ・ビッグ」は、全道に18店舗展開しています。札幌市をはじめ江別市や岩見沢市、旭川市、士…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=人事総務・玉生澄絵氏(2018.10.30)

     ◇取締役人事総務本部長兼人事教育部長・玉生澄絵氏

     ●ダイバーシティ推進 労働規定整備本腰

     企業が成長し続けるためには、多様な人材の活躍(ダイバーシティ)が不可欠です。当社では「従業員が活躍できる会社」を目…

  • 全役員に聞く担当セクション戦略=経営管理・石橋孝浩氏(2018.10.30)

     ◇取締役経営管理本部長・石橋孝浩氏

     ●将来見据え省力化 自動発注柱に作業軽減注力

     経営管理本部では今年、省力化につながる仕組みをいくつできるかを大きな取組みテーマにしています。その中で柱となるのが自動発注…

  • 社会貢献活動・主な取り組み(2018.10.30)

     ●清掃活動

     毎月11日の「イオン・デー」は、未来へつなぐより良い環境を実現するため、店舗と本社の周辺地域や公園などの清掃活動を実施しております。毎年10月の3R推進月間には、各地域で清掃活動範囲を拡大しており、2018…

  • 8月24日オープンの都市型SM「北1条東店」 最新店舗紹介=マックスバリュ北1条東店 豊富な品揃え(2018.10.30)

     ●地域に寄り添う店づくり イートインスペース、圧巻の90席

     「マックスバリュ北1条東店」は、都市型食品スーパーのモデル店舗として8月24日にオープンした。地下鉄東西線の「バスセンター前駅」から程近い場所に立地。周辺は近…