日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

長野・山梨地区新春特集2017.01.11 11466号 06面

「変化」をチャンスに 大転換期の地域市場

印刷
Facebook
2017.01.11 11466号 06面


 流通再編、食の多様化など市場環境が激変する中で、2017年を迎えた長野・山梨両県の食品業界。消費動向や為替の値動き、TPPの先行きなど、食をめぐるさまざまな課題が不透明さを増す中で、手探りのスタートとなった。

 イギリスのEU離脱、アメリカではドナルド・トランプ大統領の誕生など、想定外の出来事が相次いだ16年。甲信エリアでも、長野県の地域卸2強として長年、しのぎを削ってきたマルイチ産商と丸水長野県水が今年4月からの協業を決めるなど、数年前では考えられないような「変化」が業界に・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 長野市の市場団地に並び立つマルイチ産商、丸水長野県水両本社。 競争から協業へかじを切った 地域卸=「長野モデル」で新たな時代へ(2017.01.11)

     ●マルイチ、県水が協業 自主・独立性保ち機能共有

     昨年11月に行われた緊急記者会見、マルイチ産商が丸水長野県水を子会社化するとの発表は域内の食品業界に大きな衝撃を与えた。双璧として域内の中間流通を支えてきたライバル同士…

  • アップルランドとマツヤの統合で誕生した新生デリシア(安茂里店) 小売流通=生き残りかけローカルSM再編(2017.01.11)

     ●競争激化の地域市場 大型モールも出店計画

     オーバーストア、オーバーフロアが叫ばれて久しい、甲信エリアの小売市場。昨年4月に長野県のローカル・スーパー(SM)チェーン、アップルランドとマツヤが合併するなど、競争に拍車が…

  • 農産加工 信州・甲州「地域力」に活力(2017.01.11)

     多彩な野菜・果実の原料素材に恵まれた甲信エリアの食品製造業にとって、農産加工は原点とも言える基幹産業。地域の豊かな自然がもたらす健康的で爽やかなイメージは、「信州」「甲州」ブランドを訴求する原動力だ。なめ茸やこうや豆腐など、地域の生…

  • 味噌・醤油 伝統・時流で需要創出(2017.01.11)

     長野県は、言わずと知れた「信州味噌」の地元。大手メーカーから中小の製造業、「蔵」規模の醸造場まで約120社が割拠し、全国出荷量のおよそ50%を占めている。市場の拡大と均質化で「信州味噌」ブランドの形骸化も懸念される中で、どう需要創出…

  • 信州そば ブランド再構築と価値創造(2017.01.11)

     「信州そば」のブランド力は、長野県の食で際立った認知度、訴求力を持つ。明治期に長野市で誕生した乾麺の乾そば製造量も、長野県は全国シェアの約40%を占め、製品分野で食品産業をけん引している。ただ、08年は約2万tあった乾そばの年間製造…