日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

なめ茸・山菜加工特集2017.07.10 11556号 06面

容器革命で市場変化に期待 脱低価格、新価値へ

印刷
Facebook
2017.07.10 11556号 06面

誕生から半世紀、変革期を迎えたなめ茸(丸善食品工業の50周年特別パッケージ)
誕生から半世紀、変革期を迎えたなめ茸(丸善食品工業の50周年特別パッケージ)


 誕生から、およそ半世紀。独特のガラス偏平瓶に入ったなめ茸は、「ご飯のお供」として家庭の食卓で親しまれている。その瓶詰のロングセラーに、市場変化が起き始めている。強烈な低価格路線で業界2位のシェアを築いたなめ茸メーカー、小松食品が2015年9月に倒産。成長をけん引してきた廉価施策の行き詰まりがあらためて明確になったことで、業界は適正利益の確保と、時流にマッチしたなめ茸の新しい価値づくりに挑んでいる。

 ナガノトマトは今年3月、業務用マーケットで好評なボトル容器なめ茸の家庭用アイ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 製造動向=16年製造量5.8%増 「小松ロス」回復も市場規模は縮小(2017.07.10)

     なめ茸の主なメーカーは長野県に集中し、全国シェアのほとんどをこれら各社で占めている。

     長野県缶詰協会のまとめによると、県内主要6社の16年4月~17年3月期なめ茸製品製造量は98万6859ケース(容量、入り数などが異な…

  • 原料動向=原料エノキ茸、高騰収まるも高止まり(2017.07.10)

     原料エノキ茸のほぼすべてを中国産に頼っていた小松食品の倒産により、需要がひっ迫し、15年の秋以降、前年の1.5~2倍近くまで高騰していた国産加工用エノキ茸。16年秋からは相場も落ち着き出したが、野菜高騰の影響を受けた生食用エノキ茸の…

  • メーカー動向=丸善食品工業 フレーバー系を2品(2017.07.10)

     ●50周年キャンペーンも

     今年、なめ茸発売50周年を迎えた丸善食品工業。17年3月期のなめ茸カテゴリー売上げは、数量ベースで2%増、金額ベースでは5%と、「小松ロス」カバーで大きく伸長した前期のペースを、堅調にクリアし…

  • メーカー動向=ナガノトマト ボトルシリーズ好調(2017.07.10)

     ●ポーションも新規開拓

     ナガノトマトの主力である「特選なめ茸茶漬」シリーズをはじめ、業務用ボトルタイプが好調だ。

     16年のカテゴリー売上げは、金額ベースで前年比10%増、数量ベースで7%増と好成績で着地し…

  • メーカー動向=長野興農 鍵握る情報発信強化(2017.07.10)

     ●辛味系用途提案に注力

     長野興農は、「差別化、高付加価値化と情報発信が鍵だ」(営業部)という。今期は7月にフレーバー系の新製品2アイテムを発売予定。6月からはSNS、LINEの公式アカウントを開設し、アレンジレシピなど…

  • メーカー動向=信濃産業 収益性はやや改善に(2017.07.10)

     ●商品再編で態勢固めへ

     信濃産業は、「小松ロス」に伴う需要急伸の反動はややあるが、「売上げは数量的には横ばい、金額では価格改定もあり、プラスで推移している」(望月誠一社長)という。

     ただ、輸送費などが今後…