日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

こうや豆腐特集2017.10.11 11603号 07面

ブームから「新たな伝統食」へ 機能性認知と用途拡大

印刷
Facebook
2017.10.11 11603号 07面


 機能性の認知や用途拡大が進む、こうや豆腐。2014年秋ごろに火がついたブームは一息ついた格好だが、「過去の需要ベースからは、確実にステージが上がった」(こうや豆腐普及委員会・登内英雄委員長)。ブームを追い風に惣菜や給食関連などの業務用市場の開拓、「影の商品ではなくなった」粉末タイプの「粉豆腐」によるエントリーユーザーへのアプローチなどが進展。業界が目指す「新しい伝統食」へ、着実にステップアップしている。

 17年1~8月のこうや豆腐製造量(原料大豆の使用量から推計)は4858・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 製造・原料動向=17年1~8月製造量8.5%減 原料大豆高止まり(2017.10.11)

     こうや豆腐の全国製造量で、ほぼ100%を占める長野県の県凍豆腐工業協同組合のまとめによると、主要メーカー5社の17年1~8月期原料大豆使用量は1万796t。歩留まり率45%で推計した製造量は4858.2tと、前年同期から8.5%減っ…

  • メーカー動向=みすずコーポレーション 利便性の向上が鍵を握る(2017.10.11)

     みすずコーポレーションの4~8月のこうや豆腐カテゴリー売上げは、前年比1%減。市場全体の動きと比較して、「堅調な推移」(広報部)と見る。

     売上げで8割を占める家庭用は、調味料添付の「ひとくちさん」を中心に安定。カット製…

  • メーカー動向=登喜和冷凍食品 健康イメージ武器に堅調(2017.10.11)

     登喜和冷凍食品は、国産原料アイテムの強化や業務用市場の開拓などで、4月以降のこうや豆腐カテゴリー売上げは前年比2%増で推移している。

     「業務用では、一度採用されると使い勝手の良さからか、定着が進む事例が増えている。健康…

  • メーカー動向=信濃雪 粉豆腐、提案次第でまだ伸長(2017.10.11)

     粉豆腐人気の火付け役となった信濃雪の「雪豆腐」は、一時の売れ行きは去ったが、市販をはじめ、土産物系チャネルなどでも新たな販路を築いた。

     「提案の仕方次第で、まだチャンスはある。以前から力を入れている病院・施設関連へのア…

  • メーカー動向=旭松食品 健康性・使いやすさ訴求(2017.10.11)

     【関西】旭松食品は健康・機能性とともに使いやすさ・汎用性の訴求にも注力し、次世代層を中心とした食シーン拡大を図っていく。今上期(4~9月)のこうや豆腐売上高は前年比マイナスと苦戦。値締め継続などで販売量は落ちた。ただ8月単月では上旬…

  • メーカー動向=みすずコーポレーション大阪支店 上期増収と堅調(2017.10.11)

     【関西】みすずコーポレーション大阪支店の上期(4~9月)のこうや豆腐売上高は前年比プラスと堅調に推移。第1半期は苦戦したが、販促を強化した第2四半期で盛り返した。

     8月初めにTV番組でこうや豆腐の健康効果が取り上げられ…