日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

こうや豆腐特集2018.10.19 11780号 07面

市場評価は明確に向上 「新たな伝統食」へ進化

印刷
Facebook
2018.10.19 11780号 07面

機能性認知の向上などで「新しい伝統食」の基盤が整いつつあるこうや豆腐
機能性認知の向上などで「新しい伝統食」の基盤が整いつつあるこうや豆腐

 健康的な機能性の認知が進み、「新たな伝統食」へのステージアップをうかがう、こうや豆腐。2014年秋ごろから16年初頭まで続いたブーム的な需要は落ち着き、反動減も見られるが、昨年秋から夏場まで続いた野菜高騰などで、こうや豆腐を使った代替・かさ増し需要が伸びたことから、18年の市場動向はこれまで、おおむね堅調な売上げ、製造で推移している。「『こうや豆腐、いいね』と言ってもらえる機会は増え、こうや豆腐に対する市場の評価は、昔からある乾物から健康長寿につながる食品へ、明確に変わりつ・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 鎌田實氏 機能性訴求さらに加速 運動との相乗効果研究進む(2018.10.19)

     こうや豆腐メーカー5社でつくる「こうや豆腐普及委員会」は4年ほど前から、こうや豆腐が持つ健康機能の研究成果を積極的に発信している。7月には、大阪市で「こうや豆腐で考える『食』と『健康』フォーラム」を開き、市民ら約800人を集めた。<…

  • 製造・原料動向=1~8月製造量1.2%増 野菜高騰も追い風(2018.10.19)

     こうや豆腐はほぼ100%、長野県で製造されている。県凍豆腐工業協同組合のまとめによると、主要メーカー5社の17年原料大豆使用量は1万7153tで、前年を5.9%下回った。歩留まり率45%で推計した製造量は7719tと、8000tを割…

  • メーカー動向=旭松食品 健康・汎用で食シーン拡大(2018.10.19)

     【関西】旭松食品は健康・機能性とともに使いやすさ・汎用性の訴求にも注力し、次世代層を中心とした食シーン拡大を図っていく。今上期ここまで(4~8月)のこうや豆腐売上高は前年比マイナスと苦戦。値締め継続などで販売量が落ちた。

  • メーカー動向=みすずコーポレーション 家庭用堅調、減塩系も強化(2018.10.19)

     みすずコーポレーションのこうや豆腐カテゴリー4~8月の売上高は2%減だが、全体の8割近くを占める家庭用は主力のだし付きカット商品「ひとくちさん」シリーズや「アンパンマンよい子のこうや豆腐」が3~5%増と伸び、堅調に推移している。

  • メーカー動向=登喜和冷凍食品 製造態勢の見直しに着手(2018.10.19)

     迫るHACCP導入の義務化や人手不足、製造コストの上昇などを受け、登喜和冷凍食品は製造態勢の見直しに着手。

     機器の更新やレイアウト変更、動線の効率化などを進める計画で、「事業・消費環境の変化に対応していく」(登内英雄社…

  • メーカー動向=信濃雪 国産原料品など差別化を(2018.10.19)

     信濃雪の今期業績は、これまでの売上げはほぼ横ばいだが、「売価の高い商品に重点を置いた販売の取組みで、収益性は上がっている」(木下龍夫社長)。他社があまり手掛けていない国産原料アイテムなど、「市場規模は大きくないが独自性を打ち出せる分…