日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ワイン特集2018.08.20 11749号 05面

「ワイン離れ」RTDへ流出 低価格化で多様性乏しく 日欧EPAに期待と懸念

印刷
Facebook
2018.08.20 11749号 05面

実を結ぶワイン用ブドウ
実を結ぶワイン用ブドウ


 国内ワイン市場が伸び悩んでいる。ワイン飲用者が手軽に酔えて食事とも合う缶チューハイなどのRTD(レディー・トゥ・ドリンク)へと流出する「ワイン離れ」が起きているもようだ。1本500円前後のチリ産をけん引役に市場は拡大してきたが、ワイン本来の価値である産地や品種、物語性といった「多様性」が失われたと指摘する声が多い。19年に予定される欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)が発効すれば輸入ワインの関税が撤廃される。消費が増加する期待がある半面、低価格競争が激化する懸念もある・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 都内6000軒のレストランなどにワインを納入するTATSUMIの倉庫 TATSUMI・杉田數祐社長 外食市場のワイン需要はまだ伸びる(2018.08.20)

     業務用食品卸のTATSUMIの前4月期業績は前年比2.6%増の123億7500万円。内訳はフードが同2%増の79億4000万円、ワインが同3%増の44億3500万円だ。都内6000軒のレストランなどにワインを納入し、ワインの豊富な取…

  • 主要各社動向=サッポロビール ファインワイン好調(2018.08.20)

     ●イベント通じ価値継続発信

     サッポロビールのファインワインが好調だ。かねて育成を進めている重点4ブランド「ラグジュアリー4」の取組みが成果につながっている。下期もイベントなどを通じブランド価値を継続発信するほか、高級レ…

  • 主要各社動向=日本酒類販売 チリ「カルメネール」へ注力(2018.08.20)

     ●ブドウ品種を前面に

     日本酒類販売はチリのワイナリーと共同開発した日本専用商品「ナティバ カルメネール」を9月2日に売り出し、18年の最重要ブランドと位置付け販売拡大を図る。チリを代表するブドウ品種「カルメネール」を前…

  • 主要各社動向=リードオフジャパン チリ中高級品販売強化(2018.08.20)

     ●有機ワインの露出高める

     リードオフジャパンは18年、主力のチリ産「タラパカ」の中高級品シリーズの販売を強化する。タラパカブランドはこれまで業務用中心だったが、さらなる認知向上を図り消費者キャンペーンを展開している。ま…

  • 主要各社動向=メルシャン 戦略の柱に「多様性」(2018.08.20)

     ●ワインの魅力伝えて打開

     メルシャンは18年、ワイン本来の価値である「多様性」に焦点を定め、戦略の柱として取組みを展開する。デイリーを含む中高価格帯の全領域でワインの魅力を発信。狭まった間口(ワイン購入者数)を広げ、停…

  • 主要各社動向=明治屋 「チンザノ」業務用ルートを開拓(2018.08.20)

     ●着実にブランド育成

     明治屋は18年、昨年9月に取り扱いを始めたイタリアの「チンザノ」をワイン事業の柱の一つと位置付け、さらなる販売拡大を目指す。業務用の開拓を重点課題とし、関東エリアに業務用専門チームを作るなど、販売…

  • 主要各社動向=国分グループ本社 南ア産ワイン「KWV」創業100周年(2018.08.20)

     ●記念品投入で販売加速

     国分グループ本社は18年、南アフリカ産ワインで創業100周年を迎える「KWV」の販売を強化する。2月2日が「南アフリカワインの日」に制定されたのを機に、8月には100周年を記念した新商品を投入。…

  • 主要各社動向=アサヒビール 国産ブランド育成へ(2018.08.20)

     ●「アルパカ」高級品が好調

     アサヒビールは18年、昨春に投入した国産ワイン「摘みたての贅沢」と日本ワインを戦略の柱に位置付けブランド育成を加速させる。輸入は主力ブランド「アルパカ」で4月に投入した高級品が好調に販売を伸…