日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ウイスキー特集2018.10.19 11780号 05面

「クラフト」ハイボール拡大 若者に照準

印刷
Facebook
2018.10.19 11780号 05面

ウイスキー関連のイベントには多数の来場者が詰めかける
ウイスキー関連のイベントには多数の来場者が詰めかける

 国内ウイスキー市場が好調だ。ウイスキーの炭酸割り「ハイボール」が食中酒として定着し、18年の年間では前年比10%以上の伸長が見込まれる。継続的な成長へ向け、鍵となるのが若者の開拓。酒類各社は定番のハイボールに加え、「クラフト」要素を取り入れた提案を活発化させる。好みのハーブなどと合わせる飲み方で、若者の需要を取り込む。料飲店に並ぶハイボールの種類が広がりを見せそうだ。(岡朋弘)

 ウイスキーの課税数量は17年、09年から9年連続で拡大した。18年1~6月は、11.9%増の8万・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 主要メーカー動向=アサヒビール 「ジャーハイ」を訴求(2018.10.19)

     ●国産限定品で話題喚起

     アサヒビールは18年、国産ウイスキーの主力ブランド「ブラックニッカ」で専用ジャーを使ったハイボールの新しい飲み方を提案する。国産プレミアム品は貴重な樽(たる)で仕込んだ限定品を投入することで、話…

  • 主要メーカー動向=キリンビール スコッチ3本柱強化(2018.10.19)

     ●価格帯広げ選択肢提供

     キリンビールは18年、輸入のスコッチウイスキーを強化する。新たに高級スコッチを投入し、販売好調な「ジョニーウォーカー(JW)」「ホワイトホース」と合わせスコッチで3ブランド体制を構築。ハイボール…

  • 主要メーカー動向=サントリースピリッツ 新規開拓へ提案加速(2018.10.19)

     ●品質高めブランド育成

     国内ウイスキー首位のサントリースピリッツは18年、ハイボール戦略を一層加速させる。RTD市場が急成長する中、国産・輸入ウイスキーともにハイボール缶の提案を強化し、新規飲用者を掘り起こす。料飲店で…