日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

パウチ惣菜特集2018.07.13 11731号 07面

市場規模7000億円も射程に ラインアップ充実、広がる食シーン

印刷
Facebook
2018.07.13 11731号 07面

人気が続くサラダチキンは青果売場などとのクロスMDも
人気が続くサラダチキンは青果売場などとのクロスMDも

 ついに10兆円を突破し、今後もさらなる拡大が予想される惣菜市場で、パウチ惣菜はますます存在感を増している。年々右肩上がりの成長を続け、市場規模は6800億円を突破、7000億円規模も射程圏内に入ってきた。市販用では高齢化・単身世帯の増加・女性の社会進出などの社会変化を背景に、有力メーカーの参入やメニューバリエーションの広がりなどで活況が続き、業務用では生産年齢人口の減少などによる人手不足・働き方改革の機運を背景に、オペレーションの簡略化といったニーズに対応してきた。

 Bto・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • れんこんとごぼうのツナサラダ 主要メーカー動向=ヤマザキ 基軸に「もう一品」(2018.07.13)

     ●使い方・売り方提案に磨き 売上げ110億円へ

     ヤマザキは、家庭でのサラダ類の利用頻度が高まっているトレンドを追い風に、自社ブランド「もう一品」の各シリーズを基軸とした使い方・売り方提案に磨きを掛けていく。業績をけん引…

  • おかず畑おばんざい小鉢 ひじき煮 主要メーカー動向=フジッコ 「おばんざい小鉢」伸長、ラインアップ拡充(2018.07.13)

     【関西】フジッコの食べきり2パックタイプ惣菜「おかず畑おばんざい小鉢」シリーズが著しい伸長を見せている。昨秋に全国発売に切り替えて以降、配荷や売場が大きく広がっている。今春には生産能力を増強し、さらなる販売拡大と商品ラインアップ拡充…

  • 大袋惣菜で一番売れている「たたきごぼう」 主要メーカー動向=カネハツ食品 今期も3本柱注力(2018.07.13)

     ●「大容量」「ガス置換包装」「業務用」 次世代育成を

     【中部】カネハツ食品の18年3月期業績は前年比減収増益で着地した。昨年2月に厚木工場を閉鎖し、商品供給に関して当初の見込みほどではないが若干の影響があった。利益面で…

  • プリマヘルシー糖質0 サラダチキン 主要メーカー動向=プリマハム サラダチキン強化(2018.07.13)

     ●食べ方、メニュー提案積極化 購入層拡大図る

     プリマハムは、好調なサラダチキンのバリエーションを拡充している。通常のブロック以外にスライス、スティック、使い切りと幅広い形態をラインアップ。売場面積を増やすとともに、食べ…

  • ボストン風クラムチャウダー 主要メーカー動向=明治 「デイリーリッチ」訴求(2018.07.13)

     ●定着、2桁増目指す

     明治はパウチ型容器でスープ、カレー、調理ソースを揃える「デイリーリッチ」ブランドを展開している。同社の強みを生かしたチルドならではの鮮度感と素材感が楽しめるシリーズで、15年秋の発売から着実に成長…

  • えびときのこのアヒージョ 主要メーカー動向=丸美屋食品工業 洋風おつまみ提案(2018.07.13)

     ●高まる家飲み需要対応

     丸美屋食品工業は今春からパウチ入り洋風おつまみを発売し、家飲み需要の高まりに応える。家庭でなかなか作れない、惣菜売場でも珍しい「えびときのこのアヒージョ」「チリコンカン」「濃厚チーズソースのミー…

  • 白子町の新玉ネギ使用をアピール 主要メーカー動向=石井食品 「地域と旬」取組む(2018.07.13)

     ●主軸品が売上高けん引

     石井食品の18年3月期決算は、売上高103.8億円(前年比1.4%減)と微減したが、経常利益1.7億円と、数年間続いていた赤字から黒字に転換した。

     ミートボール(トマト味、カレー、…

  • 今春リリースした「チキンサラダ」は、新たな素材で市場を開拓 主要メーカー動向(業務用)=ケンコーマヨネーズ LLサラダブランド構築進める(2018.07.13)

     ケンコーマヨネーズは、昨年40周年を迎えた「ファッションデリカフーズ(FDF)」に代表されるロングライフ(LL)サラダのパイオニアとしてのブランド構築を進める。業界全体に広がり続ける人手不足の解決に向け、形態の見直しや、新たな素材を…

  • 家飲み需要を狙ってつまみ商材も強化=セブンイレブン 小売動向=CVS 3500億円超で存在感 容器や陳列、多彩に展開(2018.07.13)

     日本惣菜協会の「2018年度 惣菜白書」によれば、調査対象のコンビニエンスストア(CVS)5社の袋物惣菜の売上高は17年3565億7060万円、前年比26.6%増と大幅に伸長。構成比も14.2%と前年よりも2.6ポイントも上昇し、存…

  • 健康経営などのトレンドを追い風に、BtoBtoE市場の開拓を進める BtoBtoE広がる おかん、導入1500拠点も射程 健康経営など追い風に(2018.07.13)

     仕事と食事摂取の最適なバランスを推奨する「ワーク・フード・バランス」を提唱するおかんは、昨年末に「オフィスおかん」の導入拠点が1000ヵ所を突破し、今年度内に1500拠点の展開が射程に入ってきた。サービス開始から4年での大台突破の背…

  • たべぷろアンケート=サラダチキン人気続く 売上げ規模45%増(2018.07.13)

     SMやCVSなど小売の売場で存在感を増す「サラダチキン」の人気が続いている。高タンパク・低カロリーのパウチ惣菜の定番商品として定着し、さまざまなアレンジで食べ方を提案する関連商品も増えてきた。富士経済の調べによると、2017年度の売…