日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

拡大続ける市場・無洗米特集2018.08.01 11740号 16面

全国無洗米協会=初心に返り市場開拓、認証マークも一新

印刷
Facebook
2018.08.01 11740号 16面



 コメ離れに拍車が掛かる中、無洗米市場が拡大を続けている(図1)。とがずに炊ける簡便性が、業務用ユーザーはもとより、女性の社会進出による有職主婦の増加で、一般家庭用にも普及が進んだためだ。(佐藤路登世)

 2000年に品質面、環境面、安全面で優れた無洗米を普及するために設立されたのが、NPO法人全国無洗米協会だ。独自認証制度を設け品質面だけでなく、製造時の環境性や安全性など、厳しい基準を設け、合格した無洗米には協会認証マークを貼付することを認めている。そこで唯一、認証無洗米と認・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 無洗米導入のメリット=コスト削減とグリストラップ清掃が大幅削減(2018.08.01)

     無洗米は通常の精白米と比べ割高だが、導入でさまざまなコストダウンが図れることが、実はあまり知られていない。まず、洗米により、コメや肌ぬかの流出がない点。さらに洗米に要する人件費や上下水道代、肌ぬかが吸水して堆積したヘドロの廃棄費など…

  • 協会認証無洗米 肌ぬかが取れ、うまみ層がきれいに並んでいる 認証無洗米=厳しい基準で品質や食味担保、環境貢献(2018.08.01)

     無洗米が誕生して27年経過し、確かに認知は向上した。だが、国による品質基準がないため、多様な製法の商品が出現し、品質もバラバラ。そのため「無洗米はおいしくない」「1度洗った方が良い」など誤解が多いのも事実だ。そこで、全国無洗米協会で…

  • 協定調印式で握手する雑賀慶二東洋ライス社長(右)と庭野吉也東都生協理事長 東都生協の取組み=副産物「米の精」を使い農畜産物供給(2018.08.01)

     ●循環型農業を実現

     全国無洗米協会賛助会員の東都生協はBG無洗米(全国無洗米協会認証認定)を製造する際に産出される副産物「肌ぬか」を原料にした「米の精」の有効活用を目指し、昨年9月、東洋ライスと東都生協は基本協定を締結…

  • ユーザーに聞く=北海素材・秦昌宏社長 予想上回るメリットに驚き(2018.08.01)

     回転寿司チェーン「北海素材」は、5年前から使用するコメをすべて高付加価値無洗米(金芽米)に切り替えた。秦昌宏社長に動機を聞くと「おいしさに尽きる」とし、顧客増だけでなく、人件費や下水道代削減、炊飯マニュアル化など経済効果ほか、品質安…

  • 認証マーク=基準明記に一新(2018.08.01)

     無洗米の普及による地球環境保全とコメ消費拡大に貢献する目的で設立された「全国無洗米協会」。品質や製法に一定の基準を設ける日本で唯一の無洗米審査機関であり、これをクリアした無洗米に、「エコメちゃん」の認証マークを付与している。