日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

デザート特集2018.04.23 11692号 05面

17年度は前年比微減 定番品が拡大基調 既存品の見直し進む

印刷
Facebook
2018.04.23 11692号 05面


SNS映えや低糖質など新分野が登場している
SNS映えや低糖質など新分野が登場している

 17年度(17年4月~18年3月)のデザート市場のうち、手作り風フレッシュデザートを除く大量生産のプリン・ゼリー類は、合わせて前年をやや下回って着地したようだ。常温ゼリー類は前年並み、チルドデザート類が前年比微減で推移したとみられる。業務用中心の冷凍食品デザート市場は4~5%増と、引き続き堅調な動きが続く。

 迎えた18年度の市販用デザート市場を概観すると、チルドでは大手各社のアイテム整理が一段落し、既存品の見直しへ着手。ブランドリニューアルやマーケティング戦略で、定番品や認・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事