日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

エンド商事 新社屋兼配送センター竣工特集2018.04.13 11688号 06面

骨格強化で新時代開く 遠藤勉会長兼社長に聞く

印刷
Facebook
2018.04.13 11688号 06面

遠藤勉 代表取締役会長兼社長
遠藤勉 代表取締役会長兼社長


 大阪市を中心に商圏を拡大する業務用卸問屋のエンド商事は、3月に新社屋兼配送センターを竣工した。同社は1965年に創業し、当初は一般食品卸としてスタートを切ったが、67年から業務用卸に業態を変換。73年には業務用卸としてはいち早くC&C(キャッシュ・アンド・キャリー)をスタート。75年に全酒類の卸・小売販売免許を取得して以降、外商・C&Cの両部門で総合業務用卸として堅実な成長路線を歩み、創業以来50年以上右肩上がりを続ける。遠藤勉代表取締役会長兼社長に、新配送センターにかける・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 新配送センターへの思いを語る遠藤勉会長兼社長 新配送センターの概要と企業沿革(2018.04.13)

     3月2日に実施した内覧会で、新配送センター建設の音頭をとった遠藤学代表取締役副社長は「現在、売上高は220億円以上となった。これはメーカーさまのおかげだということを社員200人超に伝えるのが私の責務だ。その新しい第一歩としてこのセン…