日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

加工わさび特集2018.06.01 11709号 08面

家庭用、業務用とも厳しさ続く 輸出は本格成長に期待感

印刷
Facebook
2018.06.01 11709号 08面


 加工わさび市場のこの半年は、アニサキス発生や魚介類不漁の影響を受け、家庭用、業務用ともに厳しい環境となった。しかし、今年に入り、両市場ともに下げ止まり感が見えつつある。特に業務用では3月単月では前年を上回った推移を見せているメーカーもあり、今後の回復に期待がかかる。このような状況下ながら、精肉類向けのきざみわさび類や輸出は着実に成長している。これらが国内市場の不振をカバーしている形だ。今後についてはこれらのさらなる成長に期待がかかる一方で、輸送費などの増加への対応が迫られる・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 家庭用=“縮小”も改善の兆し きざみわさび類は伸長継続(2018.06.01)

     家庭用加工わさびのチューブタイプの今年3月までの直近1年間の市場をみると、売上高は前年比5.2%減となった。これまで家庭用加工わさびの市場は微増や前年並みと安定していたが、半年前と比較すると減少率は若干増し、市場の縮小傾向は続いてい…

  • 業務用=国内消費に厳しさ 輸出への取組みが本格化(2018.06.01)

     業務用(加工用含む)の、国内の状況は昨年6月以降、天候不順やアニサキスの問題などが加わり各メーカーは軒並み苦戦している状況に大きな変化はない。しかし3月以降は徐々に売りを戻しているとの声も聞かれ、今後、国内業務用市場が回復基調に入る…

  • 原料事情=本、西洋とも安定推移 為替と輸送費増が懸念材料(2018.06.01)

     今年の加工わさび原料は本わさび、西洋わさびともに国内産、海外産を問わず収量は安定して推移を続けている。しかし、ドルと元の為替推移や農家の後継者不足などで長期的には加工わさび原料は上昇基調で推移すると考えられる。

     中国産…

  • 首都圏=家庭用…今期の回復に期待 業務用…輸出で国内カバー(2018.06.01)

     家庭用のチューブタイプの18年3月までの1年間をみると市場は前年比5.2%減となった。大容量タイプは引き続き成長を続けているが、廉価品、主力品、高級品のいずれもが前年を下回った。これまで高級品は成長基調が続いていたが、3月までの1年…

  • 長野地区=「陸」「西洋」の生産拡大へ 多彩な商品展開(2018.06.01)

     【長野】わさび生産量で国内トップの長野県。最大産地・安曇野地域産の「安曇野わさび」は、加工わさびやわさび関連商品はもちろん、さまざまな食品のフレーバーにも採用されるなど、高いブランド力を誇っている。ただ、気候の温暖化に伴う水温上昇な…

  • 静岡地区=万城食品、FSSC22000取得へ 新工場建設を予定(2018.06.01)

     静岡県は今年、「静岡水わさびの伝統栽培-発祥の地が伝える人とわさびの歴史-」の名称で国際連合食糧農業機関(FAO)による世界農業遺産の認定を受けた。世界農業遺産は世界的に重要かつ伝統的な農林水産業を営む地域(農林水産業システム)の2…

  • 中部地区=金印、海外での販路拡大 「SPICE SELECTION」計8品に(2018.06.01)

     【中部】業務用加工わさびのトップメーカーである金印の前期(18年3月期)業績は前年並みで着地した。上期は苦戦したが、海外における販路拡大が売上げの伸長に寄与した。同社は本わさびの輸出を通じ、現地の料理人と消費者に長く啓蒙(けいもう)…