日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スパイス特集2018.08.31 11756号 06面

シーズニング中心に成長続く 主要スパイスの原料価格安定

印刷
Facebook
2018.08.31 11756号 06面

シーズニングスパイスにはさまざまなタイプの什器が増えている
シーズニングスパイスにはさまざまなタイプの什器が増えている

子どもへのスパイスとの接点を増やす(写真はエスビー食品の「スパイス&ハーブキッズわくわくチャレンジ2018」)
子どもへのスパイスとの接点を増やす(写真はエスビー食品の「スパイス&ハーブキッズわくわくチャレンジ2018」)

 スパイス業界は、家庭用がシーズニングスパイスを中心に成長を続けている。他の洋風スパイスや粉体・液体スパイス類も堅調な推移を持続し、全体として好調といえる状況だ。特に家庭用のシーズニングスパイスは30億円を超える規模に成長し、市場をけん引している。さらに洋風スパイスも前年を上回り、スパイス類は着実に家庭に浸透している。業務・加工用はコショウなど主要スパイス原料が安定し始めたことで、各メーカーは落ち着きを取り戻しつつある。今後はHACCP義務化に伴う、生産現場の改善や認証取得を・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 家庭用=一層の市場浸透へ 普及策や商品開発力を(2018.08.31)

     家庭用スパイス全体は6月までの1年間で前年比0.6%増と引き続き前年を上回る成長をみせている。内訳をみると、洋風スパイスが同4.2%増、ラー油などの液体スパイスが同2.4%増、テーブルコショウなどの粉体が同0.3%減、練りスパイスが…

  • 業務・加工用=生産部門改善進む 花椒のしびれがブーム(2018.08.31)

     業務用スパイスを取り巻く環境は、これまでコショウを中心に長年にわたる高騰が続いたために、その対応に苦慮してきた。しかし、徐々にベトナムなどが栽培面積を増加させてきたことで、16年以降の原料価格は徐々に軟化。今年7月の黒コショウの原料…

  • 原料事情=クミンシード相場上昇 中国産花椒高止まり(2018.08.31)

     ●今後は世界情勢変動がリスクに

     主要スパイスはクミンシードを除いて原料価格は軟化している。黒コショウは、15年までかなり長期的な上昇が続いたが、以降はベトナムなどの栽培面積拡大に伴い原料価格は下落。直近の相場は06年と…