日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スパイス特集2019.01.23 11823号 12面

しびれブームで花椒など人気 家庭用は拡大傾向続く

印刷
Facebook
2019.01.23 11823号 12面


 スパイスを取り巻く環境は、家庭用が全体として伸長し業務用は主要原料価格が安定していることで堅調な推移を続けている。総じて市場は拡大傾向にあるといえる。最近は、しびれブームにより花椒(ホアジャオ)やサンショウがメディアへの露出が増え、外食や中食でのメニューの定番化が進んでいる。これまでは業務・加工用で数字を伸ばしてきた花椒などだが、昨年は家庭用の単品スパイスでも数字を伸ばした。各メーカーが花椒やサンショウを使用した商品を今年、多く投入することから今後は外食や中食だけなく、内食・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • エスビー食品の新商品群 家庭用=チューブタイプに新たな流れ(2019.01.23)

     家庭用スパイス全体は昨年11月までの1年間で前年比2.0%増と引き続き前年を上回る成長をみせている。内訳をみると、洋風スパイスが同5.2%増、ラー油などの液体スパイスが同3.7%増、テーブルコショウなどの粉体が同0.3%減、練りスパ…

  • 業務・加工用=花椒が伸長 天候リスクへも対応を(2019.01.23)

     業務用スパイスはコショウなどの主要香辛料の原料価格が落ち着いた推移をみせていることで、各メーカーは総じて堅調な推移を続けている。しかしながら、コショウは今年も安定した推移が予測される一方で、クミンシードやカルダモンが高値で推移してい…

  • ハウス食品、大容量チューブ新発売 調理しやすさと使い勝手を訴求(2019.01.23)

     ハウス食品は2月11日から全国で大容量チューブ4品を新たに発売する。近年、大容量のチューブはショウガやニンニクの分野で生鮮の代替として調理利用が進み、市場は大きく拡大している。今回、同社が発売するのは「おろし生しょうが」「おろし生に…

  • 原料事情=主要スパイス安定も上昇気配 花椒が高騰(2019.01.23)

     主要スパイスはその多くが、これまで安定した市場を形成してきた。しかし直近の状況をみると、クミンシードやカルダモンなどが上昇に転じた。ナツメグの相場は安定しているものの、インドからのメースの買い入れによりメースの市況が上昇。このため、…

  • さまざまな料理に合う食べるマスタード「ゴールデン・マスタード」 北山商店「ゴールデン・マスタード」 調味料選手権1位を獲得(2019.01.23)

     ●高い汎用性 「一品」を「逸品」に変える

     北山商店が販売する「ゴールデン・マスタード」は調味料選手権2018(日本野菜ソムリエ協会主催)で1位を獲得し、話題となっている。この選手権には全国各地から塩、醤油、ドレッシング…