日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中部鍋つゆ特集2018.11.30 11802号 12面

多彩な新機軸、うま辛系に注目 ユーザーのマンネリ化打破へ

印刷
Facebook
2018.11.30 11802号 12面

「岐阜タンメン」「世界の山ちゃん」といった地元で強い支持を受ける名物外食店とのコラボ商品。エリア限定品として人気が高い
「岐阜タンメン」「世界の山ちゃん」といった地元で強い支持を受ける名物外食店とのコラボ商品。エリア限定品として人気が高い

甲羅グループが展開する「赤から」とイチビキのコラボ商品。うま辛系が再評価された今期は例年以上に注目だ
甲羅グループが展開する「赤から」とイチビキのコラボ商品。うま辛系が再評価された今期は例年以上に注目だ

 ●関連商材とコラボ 各社、単価アップ目指す

 中部エリアにおける今期の鍋つゆ商戦は、温暖な気候が続いた影響と9月下旬に続いた台風をはじめとする天候不順などで野菜価格が高騰し、昨年に比べ、堅調とは言い難い立ち上がりとなった。しかし、あるメーカー担当者は「昨年は例年に比べ、堅調な立ち上がりだったが、最終的な着地は期待したほどの伸びではなかったため、今期に関してはその逆もあり得ると気落ちしていない」と話す。

 市場は全国同様、ストレートタイプのパウチ鍋つゆが売上げの大部分を占める。当・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事