日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

昆布加工品特集2017.08.09 11572号 08面

新市場創出へ 多彩な提案で需要喚起

印刷
Facebook
2017.08.09 11572号 08面


 ◇加工品定着もだし昆布に課題

 昆布は日本の伝統的な食文化に深く関係してきた食材だが、社会環境とそれに伴う食スタイルの変化が進み、家庭での食シーンも多様化を遂げてきた。昆布には多彩な加工品があるが、その中で佃煮、塩ふき昆布、とろろ昆布といった、うまみと味付けに特徴がある商材は、各メーカーが地道に取り組んできたレシピ提案が奏功し、料理用途需要は着実に定着している。簡便性が重視される現在の食トレンドにマッチした例といえる。

 一方、家庭でのだし昆布の復権は依然としてハードルが高く、・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 北海道17年生産量、昨年並みの不作予想(2017.08.09)

     昆布の国内生産量の95%を占める北海道の17年産予想生産量(6月末時点、北海道ぎょれん調べ)は前年比3.0%増の1万5003t(うち養殖4549t)と、過去最低を記録した16年に次ぐ不作となる見込み。

     昨年の生産量は1…

  • ふじっ子煮ごま昆布 主要メーカー動向=フジッコ 多様な「よろこんぶ」推進(2017.08.09)

     ●験担ぎ、応援需要狙う

     フジッコは昆布の縁起が良い謂(いわ)れに着目し、昆布佃煮「ふじっ子煮」を使った「よろこんぶ」提案に力を入れる。秋の行事や年明けの受験シーズンなど、頑張る人たちを「よろこんぶ」の縁起にあやかって応…

  • 黒豆と五穀御飯の素 主要メーカー動向=不二食品 「御飯の素」シリーズ注力(2017.08.09)

     ●家庭で本格的な味を

     不二食品では昆布需要の増大へ、多彩な商品開発を展開。この秋冬向けには天然昆布を入れて炊く、昆布企業ならではの「御飯の素」シリーズを提案している。

     同シリーズは「黒豆と五穀御飯の素」「…

  • 今秋の塩昆布提案は「塩こん部長の豚丼弁当」 主要メーカー動向=くらこん 新たな活用法を訴求(2017.08.09)

     ●斬新レシピなどで奏功

     くらこんは昆布商品を使ったアレンジレシピを継続的に提案することで、安定した需要拡大につなげていきたい考えだ。シーズンごとに斬新なレシピと調理画像を商品パッケージに掲載し、新たな活用法を訴求し続け…

  • おだし香る 切り昆布煮 主要メーカー動向=マルヤナギ小倉屋 だし香る2品を上市(2017.08.09)

     ●5種の具で食べ応え追求

     マルヤナギ小倉屋は秋の新商品として、発売以来好調の「あしたのおかず」シリーズから、だしのうまみにこだわった「おだし香る 切り昆布煮」「同 揚げと割干大根煮」の2品を8月20日に上市する。

  • こんぶパイ 主要メーカー動向=小倉屋山本 ニーズ捉え積極展開(2017.08.09)

     ●新開発や減塩対応に重点

     老舗昆布メーカー・小倉屋山本は、新たな昆布商品の開発や減塩対応品の拡充など、市場スタイルと顧客ニーズの変化に伴い、さまざまな対応策を推進している。

     今年4月には昆布とパイを融合さ…

  • 胡麻入り短冊昆布 主要メーカー動向=松前屋 新鮮売場で好調持続(2017.08.09)

     ●季節ごと新たな商品投入

     松前屋は季節ごとの多彩な商品開発で、常に新鮮な売場づくりにこだわっている。

     2月に「胡麻入り短冊昆布」をリニューアル。北海道産真昆布を使った短冊型の塩昆布を、従来の3~4倍の量の…

  • 人気の細巻きシリーズ 主要メーカー動向=鮎家 “細巻き”主力に成長(2017.08.09)

     ●新販路へハーフサイズも

     鮎家では細巻き昆布巻きの需要が高まり、主力シリーズに成長。歳暮期に向けて取組みを強化している。

     同社は琵琶湖産の若アユを大きく育てて北海道東部産の厚葉の幅広太巻き昆布巻き「鮎家の…

  • こだわりの老舗「神宗」 昆布の価値高めたい(2017.08.09)

     ●独自の加工法「細切り昆布」 天然素材本来の味を

     1781年に大阪で海産物問屋として創業した老舗昆布企業「神宗(かんそう)」。北海道道南産の天然真昆布だけを使用し、独自の加工法を用いた塩昆布をはじめ、鰹昆布、ちりめん山…