日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

昆布加工品特集2018.08.10 11744号 06面

新たな食スタイルを模索 課題は若い世代獲得

印刷
Facebook
2018.08.10 11744号 06面

 ご飯食機会の減少、女性の社会進出などの社会環境変化に伴い、個食の増加や時短メニューの拡大など食スタイルの変化が進んでいる。昆布は日本の伝統的な食文化に深く関係してきた食材だが、近年の食スタイルの急激な変化に置いてきぼりにされているのが現状だ。

 昆布には昆布佃煮、塩ふき昆布、とろろ昆布、だし昆布、昆布巻きなど多彩な加工品がある。中でも日本人の食文化を古くから下支えしてきただし昆布は、簡便性が重視される今の食スタイルの中で使用シーンが大きく減少。佃煮はボリュームが大きく安定して・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事