日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中部流通特集2019.03.12 11847号 01面

人手不足解消まったなし 2040年就業者、卸売・小売業が最も減少

印刷
Facebook
2019.03.12 11847号 01面

ヤマナカ庄内通店のセミセルフレジ(東芝テック製、SS-900)。生産性1.5倍へ
ヤマナカ庄内通店のセミセルフレジ(東芝テック製、SS-900)。生産性1.5倍へ


 食品スーパー各社が現在直面する大きな課題の一つが「人手不足」。全産業にいえることだが、特に食品スーパーなど小売業は店舗従業員の3分の2強をパート、アルバイトが担う事業モデルであり、人がいなければ社員に負担が集中する。一方で、国が「働き方改革」による残業削減などを掲げる中、営業時間の短縮や定休化への動きもあり実際、今年の正月営業の一部を取りやめたチェーンもあった。そういった中、今年1月に厚生労働省が2040年の就業者数が17年比1285万人減る推計を示した(表)。

 これは、経・・・
[全文は電子版会員登録を]

特集その他の記事

  • 静鉄ストア 竹田昭男社長 静鉄ストア・竹田昭男社長 設立20周年新たなステージへ(2019.03.12)

     5月1日、静岡鉄道グループは設立100周年を迎える。新天皇が誕生し、新しい元号の下での記念碑的慶事である。これに先立って1月27日、グループ傘下のスーパーマーケットが20歳の誕生日を迎えた。さまざまな業態で参入がはじまり、激動と混迷…

  • 中部スーパートップインタビュー(2019.03.12)

     地域の生活に密着する食品スーパー。経済や社会環境を反映した生活者の消費変化を敏感に感じる。米中貿易摩擦や株安などの影響から経済を不安視した消費者が消費引き締めに動いていると昨年11月ごろから各社感じはじめ、年明けは野菜の相場安などが…

  • 中部スーパートップインタビュー=マックスバリュ中部・鈴木芳知社長(2019.03.12)

     愛知、岐阜、三重、滋賀の4県に120店舗を展開するマックスバリュ中部。人気の「火曜市」で商品力をアピールし、「LINE@」や「ちゃんとごはんスタジオ」などで本物のファンづくりに勤しむ。競合激化、人手不足、加速するキャッシュレスの波な…

  • 中部スーパートップインタビュー=ヤマナカ・中野義久社長(2019.03.12)

     ヤマナカは昨年、中期3ヵ年計画の初年度として“笑顔あふれる食品スーパーマーケットを極め、東海地区No.1の誇れる企業を目指す”というビジョンを掲げ、持続的成長に向けた構造改革に取り組んできた。特に、販売戦略や店舗の生産性向上戦略、人…

  • 中部スーパートップインタビュー=スーパーサンシ・田中勇社長(2019.03.12)

     三重県内に食品スーパー(SM)13店舗を展開するスーパーサンシ。19年2月期売上高は前年比1~2%増の約280億円(宅配含む)の増収増益を見込んでいる。中でも業界に先駆けて展開している「宅配」は前年比6%増と好調を持続。また、1月か…

  • 中部スーパートップインタビュー=ぎゅーとら・清水秀隆社長(2019.03.12)

     三重県内に29店舗展開するぎゅーとら。2018年度は、三重県名張地区への初出店し、小型店のモデル店として津新町店をリモデルし「TRY mart.津新町店」を開設するなど積極的に展開している。さまざまな業態を展開しても、その根底にある…

  • 中部スーパートップインタビュー=イオンリテール東海カンパニー・北佳史支社長(2019.03.12)

     ◇イオンリテール 常務執行役員東海カンパニー支社長・北佳史氏

     GMS改革進行中のイオン。同時に地域の食文化や食習慣含めたライフスタイルをより重視している。イオンリテール東海カンパニーは愛知、岐阜、三重、静岡の4県を管轄…

  • 中部スーパートップインタビュー=トミダヤ・石田慎治社長(2019.03.12)

     岐阜県瑞穂市に本部を構え、同県西部を中心に15店舗を展開しているトミダヤ。15年11月にコノミヤグループとなり、これまでは不採算店の閉鎖を行ってきたが、19年1月閉鎖の揖斐川店で一連の閉店が完了。前期から今期は、自社競合がなくなった…

  • 即席麺動向=19年度、価格改定が需要にどう影響(2019.03.12)

     2018年度の即席麺業界は、日清食品の「チキンラーメン」発売60周年など、ロングセラーブランドの周年施策が展開されたほか、商品戦略や販促活動で市場が注目されたことで需要拡大につながった。一方、原材料費や人件費、物流費などのコスト上昇…

  • 即席麺メーカー動向=日清食品 カップヌードルは“ネクストスタンダード”強化(2019.03.12)

     日清食品中部ブロック(愛知・岐阜・三重・静岡・富山・石川・福井)の今期ここまで(18年4月~19年1月)の業績は前年に比べ増加で推移。カテゴリー別では袋麺が5%増、カップ麺が1%増、スープが3%減、カップメシは16%増となった。

  • 即席麺メーカー動向=エースコック 「CoCo壱番屋」「リンガーハット」とコラボ(2019.03.12)

     エースコックは2月18日、「CoCo壱番屋」「リンガーハット」とのコラボ商品としてそれぞれ「CoCo壱番屋カレーラーメン」「リンガーハットの長崎ちゃんぽん」の2品を糖質30%オフの低糖質カップ麺として発売した。

     両品は…

  • 即席麺メーカー動向=寿がきや食品 「台湾ラーメン」第3の柱として本格育成(2019.03.12)

     寿がきや食品の今期ここまで(18年4月~18年12月)の即席麺売上げは前年比3%増で推移。カップ麺では「SUGAKIYAラーメン」「みそ煮込」が微増だが、「本店の味」が微減。特筆すべきは昨年3月にリニューアルした「台湾ラーメン」で、…

  • 即席麺メーカー動向=サンヨー食品販売 「和ラー」で和文化ラーメン目指す(2019.03.12)

     サンヨー食品販売は、「サッポロ一番 カップスター」と「サッポロ一番 和ラー」の販売を引き続き強化していく。

     「カップスターしょうゆ」は、華やかで香ばしい醤油の風味とガーリックや黒コショウのスパイシーな味わいが特徴の醤油…

  • 即席麺メーカー動向=東洋水産 「QTTA」で裾野拡大(2019.03.12)

     ●マルちゃん正麺シリーズ「中華そば和風醤油」訴求

     東洋水産の今期状況は、袋麺が厳しい一方、カップ麺はロングセラー商品「マルちゃん 赤いきつねうどん」の発売40周年記念キャンペーン効果などがあり、ワンタンも前年度に続き堅…

  • 各社、今春の新商品・強化商品(1)(2019.03.12)

     ●スジャータめいらく「白桃ミックススムージー」

     白桃にリンゴとバナナをミックス、季節限定カップ飲料

     スジャータめいらくは旬の果実を使った季節を感じるカップ飲料「白桃ミックススムージー」をリニューアル発売。…

  • 各社、今春の新商品・強化商品(2)(2019.03.12)

     ●寿がきや食品「カップしお台湾ラーメン」

     ニンニク・青唐辛子のパンチ!

     寿がきや食品は18日、「カップしお台湾ラーメン」を新発売する。長年好評を博している「名古屋の味 台湾ラーメン」の姉妹品である同品は、…

  • 大阪屋ショップ、新庄店新装オープン グループ44店に(2019.03.12)

     大阪屋ショップは1日、昨年1月に閉店した富山市の「新庄店」を新装オープンした。39店舗目で、キョーエイ、まるまん含めたグループでは44店舗目となった。

     同店の売場面積は約2001平方m。コンセプトは、(1)地元のおいし…

  • カゴメ「オムライススタジアム2019」地方大会出場店が決定(2019.03.12)

     カゴメが主催する「オムライススタジアム2019地方大会」に出場する全国9エリア33店舗が決定した。このうち、北陸大会は4店舗が出場して3月19日に金沢市内で、東海大会は3月29日に名古屋市内で4店舗が個性豊かなオムライスを披露。それ…

  • オークワ、「スーパーセンター多治見店」開設(2019.03.12)

     オークワは2月22日、岐阜県多治見市に「スーパーセンターオークワ多治見店」を開設。同社全店では160店舗目で、うちスーパーセンター(SuC)業態は28店。同県内では15店舗目で、SuC業態は10店舗目と、SuC業態では約3分の1が岐…

  • イオンモール東浦、4月19日に増床リニューアル(2019.03.12)

     イオンモールが運営するショッピングモール「イオンモール東浦」(愛知県東浦町)が4月19日、増床リニューアルオープンする。

     同モールは2001年のオープン以来、同町や知多半島、西三河をはじめ、周辺エリアからも多くの来店客…

  • 中部フーズ「国産蒸し鶏のサラダミルフィーユ」 お弁当・お惣菜大賞で最優秀賞(2019.03.12)

     バローグループの中部フーズが製造・販売する「国産蒸し鶏のサラダミルフィーユ」(税別350円、写真)がこのほど、「お弁当・お惣菜大賞 2019」(主催=全国スーパーマーケット協会)の「サラダ」部門で最優秀賞を受賞した。

     …

  • AndroidTM用 Android4.4以上 マックスバリュ東海、スマホ用公式アプリ誕生(2019.03.12)

     マックスバリュ東海は2月18日、スマートフォン専用の公式アプリの配信を開始した。

     公式アプリでは、お得なクーポンの配信や各種キャンペーンのお知らせを行うほか、同社のネットスーパーのWebサイトやYouTube公式チャン…

  • マックスバリュ中部、地元学生とのコラボ16弾 初の継続販売へ(2019.03.12)

     マックスバリュ中部は2月13日から、地元学生とのコラボレーション企画16弾となる鈴鹿医療科学大学と共同開発した「めざせ長寿!グッドバランス弁当」=写真=を販売。同社では初めてコラボ弁当の継続販売を実施している。

     同弁当…

  • 東海CGC・寺田憲一郎社長に聞く 協業活動さらに前進(2019.03.12)

     今年は東海地区の小売業にとっては激動の1年となりそうだ。パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)100%子会社化のユニーをはじめ、マックスバリュ(MV)中部とMV東海の統合、そしてバローホールディングス、ア…

  • ワタナベフーマック 代表取締役社長 渡邊将博氏 ワタナベフーマック・渡邊将博社長 中期3ヵ年計画2年目へ組織体制強化(2019.03.12)

     ◆ワタナベフーマック 本格始動 企画本部新設4本部編成に

     昨年、創業80周年を機に「100年企業」に向け新たな船出に乗り出したワタナベフーマック。その先導役として新社長に就任した渡邊将博社長は、「社会構造が大きく変化す…

  • マルマツ 代表取締役社長 山下光明氏 マルマツ・山下光明社長 新工場稼働、関東進出を視野に(2019.03.12)

     全国有数のギョウザ消費量を誇る浜松市。その地に本社を構えるマルマツは、「浜松餃子」の知名度を全国区へと押し上げたことで知られるギョウザメーカーだ。その躍進を支える業務用ギョウザは国内外で広く愛されている。今年1月には、需要拡大に対応…